新着情報

先輩との交流でさらにやる気アップ!

学生に4年間を振り返ってもらうと、「3年生はいろいろな活動で中心になり、実習もたくさんあって、充実していたけれどあっという間だった」と言います。
現在、その3年生の学生は、就職試験の勉強を加速し始めています。
講義内の対策講座や自主学習にて勉強を重ねていますが、やはり不安もあります。
そこで、就職試験を終えて卒業論文に取り組んでいる4年生と交流し、就職試験についてざっくばらんに話をする機会を設定しました。

4年生も、1年前は同じような不安や悩みを抱えていたため、何を伝えてあげればいいか、よくわかってくれています。
自分が使っていた問題集等を持ってきて、それを示しながらどのように勉強したか話をしてくれました。

3年生からは「数学が苦手なんですが、どうすればいいですか?」等の質問がたくさん。
「この問題集を何回もやること」等、具体的なアドバイスが返ってきました。
中には、「私が使っていた問題集、あげるから」と、もらえた学生も。

先輩との交流を終えて、それぞれ「今はこの分野の勉強を中心に頑張ろう」等、具体的に計画を立てられたようです。
また、「仲間と一緒にやったから頑張れた」という先輩の言葉は心に響いたようで、「みんなと頑張ろう、と。みんなを引っ張っていくつもりで頑張ります」と言ってくれる頼もしい学生も。

学生同士で、先輩から後輩へ、直接話をしてくれることはやはり大切だと再認識しました。
身近な先輩の姿に一念発起した3年生の頑張りをサポートしたいと思います。

kouryu1.jpg
<先輩の話を聞き、メモを取る3年生>