建学の精神・教育理念

建学の精神・教育理念

本学は「人らしく、女らしく、あなたらしく、あなたならでは」という建学の精神に基づいて「教養ある高度な専門性をもつ職業人養成を重視した教育を施す」という教育目標を掲げている。
それは、慈しみの心を育み(人らしく)、きめ細やかな感性を発揚し(女らしく)、自我を確立させ(あなたらしく)、責任ある個性が発揮できる(あなたならでは)人材を養成する(教養ある高度な専門職)という教育理念となっている。

岐阜女子大学の教育方針

本学の教育方針は、建学の精神、教育目標に基づいて、高い専門性をもつ職業人として社会に貢献できる確かな力をつけ、郷里で希望を持ち生活ができる人の育成を目指しています。

そこで、本学では、

  • 第一に、
    大学としての教養・基礎、さらに、各専門の確かな知識・技能の習得と自分の目的に適した資格取得を目指して指導します。
  • 第二に、
    知識・技能を社会に貢献できるように、実践・実習・さぎ草祭などいろいろな活動の場を用意し実践力を育成しています。
  • 第三に、
    知識・技能をもち実行するにあたり、相手の立場に配慮する力、考え方を工夫する力、批判的で創造的な力、さらにこれらの力を活用する力として思慮深さを育成します。

すなわち、確かな力をつけ、資格を取得し、この社会を生き抜く基礎力を身に付けるために、学生個人の能力や特性に対応し、行き届いた適切な教育を目指しています。
社会を生き抜くための確かな力と豊かな人間性の育成を教育の基本方針としています。

岐阜女子大学学長  後藤 忠彦

アドミッションポリシー

本学では、次のような意欲のある学生を求めています。

  1. 本学の教育の建学の精神、教育目標と各専攻等の目的を理解している。
  2. 学問研究への努力を重ね、高い専門性をもつ職業人を目指している。
  3. 幅広く教養と思慮深い行動を身に付けることを目指している。
  4. 卒業後は、郷里で社会に貢献しようと考えている。

カリキュラムポリシー

本学では、卒業認定・学位授与の方針に掲げる知識・技能などを修得させるために、教養科目、共通科目、専門科目若しくは資格取得、その他必要とする科目をコアカリキュラムとし、体系的な授業を開講する。コアカリキュラムを中心に、科目間の関連、学びの進め方を表現するナンバリングを行い、学びの体系化をわかりやすく示す。
 1.教育内容
 (1)学習の基礎となる教養(基礎)科目(全学共通科目)では、自己探求、自己表現、自己創造を
   中心に人間としての基本的視点、考え方を修得し、初年次教育、教養科目で大学での学び及
   び将来に向けての学びに取り組む基礎を教育する。
 (2)専門教育は、各学科・専攻のコアカリキュラム、各講義の学習内容・行動目標を明確にし、履
   修コースに基づく学年の科目配置をする。
 (3)専門基礎・専門では、各学科・専攻で初年次教育用テスト、専門基礎テスト、専門発展(資格
   取得含む)ガイドブック等を作成し、確かな学士力の育成を図る。
 (4)各学年に演習科目、学外実習等を配置し、全教員が学生の実践力の育成をはかる。
 (5)2年終了時には、学びの水準を修得し、社会での実践、卒業研究等の履修を進める基礎レベ
   ルの修得ができているか確認する。
 (6)社会において、より活躍の分野を広げられるように、専門科目の履修の他に、副専門の選択
   履修を可能にする。
 (7)教育内容の総合化と発展のために、卒業研究を必修とする。
 (8)さらなる学術研究の追求をする者に、大学院の早期履修を認める。
 2.教育方法
 (1)確かな学力を保証するため、授業と主体的な自己学修の推進のため、各学科・専攻で基礎学
   力のための年間履修計画を作成し、確かな力をつける。
 (2)学修の補完、発展的な学修のために長期休暇(夏・春)に基礎学修・研究課題等で主体的な
   学修をより確かにする。
 (3)学科・専攻の各学年にアドバイザー(教員)を配置し、学生の学修・生活等についての相談・助
   言をする。
 (4)授業、授業外の学修活動、研究等の資料を提供する学生・学修支援デジタルアーカイブを設置
   し、主体的な活動(アクティブラーニング等)の支援をする。
 3.評価
 (1)履修前後の達成状況調査(学生による自己評価)及び知識・技能等の学習内容・行動目標に
   対応し、主体的学習力や学びに立ち向かう力などはレポート、知識・技能や判断力、表現力等
   はテスト、実践の活動の観察等で評価をする。
 (2)主体的な学修活動の状況について、春・夏の長期休暇等での自己評価及びレポート、テスト
   や学びに立ち向かう姿勢等で評価をする。
 (3)卒業研究と関連学習について、各学科・専攻等の方針及び全体的な学びについて評価し、卒
   業の適否の判断をする。

ディプロマポリシー

本学は、建学の精神、「人らしく、女らしく、あなたらしく、あなたならでは」を基本理念として、本学の教育課程を修め、128単位以上を取得し、学部、各学科等で定められた必修等の条件を充たし、教養ある高い専門性をもち、社会で貢献できる人材を養成することを教育目標とする。

 1.自我を確立し、専門的知識・技能をもち主体的で責任のある社会で活動できる力を身につける。
 2.教養と各専門の確かな知識・技能をつけ、社会的に認められる資格等を取得する。
 3.生涯にわたって学ぶ力をつけ、実践力をもって社会に貢献できる力を身につける。
 4.知識・技能の実践にあたり、相手の立場を思いやり、考える力を工夫し、批判的で創造的な力、さらに
  これらの力を総合的に活用する力を身につける。