新着情報

卒業論文発表会は、ゴールじゃない!

アーカイブ専修の卒業論文(学士論文)発表会を開催しました。
4年生たちは、自分の研究について発表し、同級生や後輩、先生方からの質疑応答にも臨み、無事、終了しました。

しかし、研究は継続するものです。
発表会後、4年生たちは、自分たちの研究をまとめ、「学生研究活動デジタルアーカイブ」への登録を行い、大学の研究の蓄積として、そして、後輩への研究の継承として、それぞれの研究内容を整備し、残します。

一人ひとりの様々な研究、実績を、デジタルアーカイブとして、記録、蓄積し、活用できるようにすることは、それらを用いた新たな研究成果を生む可能性につながります。デジタルアーカイブの大切な働きの一つといえます。

20180215.JPG
ただいま、学生研究活動デジタルアーカイブの入力表を作成中!