新着情報

子どもたちに楽しく音楽を教えられるように......

保育園や幼稚園、小学校の先生になるためには、「ピアノを演奏する力」が求められます。


例えば今年度、岐阜県の小学校教員採用試験では「ふじ山」♪あーたまーをーくーもーの

うーえにーだーしー......♪の伴奏を弾きながら1番を歌う、という課題が全員に課せられています。

保育所や幼稚園は、例えば「あめふりくまのこ」「もりのくまさん」。

子どもたちが身体を動かしながら楽しそうに歌えるようにするには、

先生自身がその雰囲気でピアノを演奏したり歌ったりできないといけませんよね。

岐阜女子大学では、1,2年生に「音楽基礎」「音楽実習」という授業を設定し、

ピアノの基礎的な技能、そして簡単な伴奏を作って弾き歌いできる力を育成しています。

4月入学時は初心者だった学生の多くも指の形がかなり安定してきて、

「もっと音楽的に弾こう」という要求に一生懸命応えようと練習を積み重ねています。

piano2.jpg