教員情報

学部・学科家政学部 健康栄養学科
職種講師 【準学士】
氏名(カナ)カタギリ サチコ
氏名(漢字)片桐 幸子

研究分野

地域保健活動
公衆栄養活動

研究テーマ

 平成24年3月まで公衆衛生行政に携わっており、地域住民がいつまでも元気で生き生きと暮らせるよう、健康基本計画や食育推進計画の策定、また地域住民を対象に感染症予防、母子保健、生活習慣病予防、介護・認知症予防、地域住民と協働で行う健康づくり活動など各種の保健活動に取り組んできました。
 大学では、疾病予防や健康づくり、生活の質(QOL)の向上を目指した地域保健活動の現状を通して、公衆栄養学理論に基づき、地域の人々の健康に影響を及ぼす要因や健康課題を抽出し、地域特性を反映した栄養改善や健康づくり活動など、地域保健・公衆栄養活動の実践的で効果的なモデル・アプローチ方法の検討を行っています。

1.女子大学生における踵骨骨内伝播速度値と生活習慣との関連性
 近年、若い女性に朝食欠食、エネルギーや各種栄養素の摂取量が少ない、適切な食品選択や食事の準備のために必要な知識や技術の不足などが多く見られ、妊娠期においても必要な摂取量が確保できていないという状況にあります。また、カルシウムは従来から不足気味であり、骨粗しょう症の予防とも併せて注意を払う必要があります。
 これらの食生活の状況が妊娠・出産等にも影響があると言われていますが、学生など若い世代に対して具体的な方策がなかなか実践されていかないという現状でもあります。
 そこで、本大学の女子学生を対象に超音波法を用いて骨密度を測定し、さらに食生活及び生活状況、体格についての実態を把握し、それらとの関連性についての検討、及び若い女性の食生活指導のあり方についても検討考察していきます。

2.地域における自主健康グループ活動参加者の健康観や食生活に関する意識調査
 地域では、子育て支援の親子サークル活動、介護やロコモティブシンドロームの予防のための筋トレサポーターによる筋トレ体操の普及活動、認知症や閉じこもり予防のためのふれあいサロンの開設、食生活改善のための料理教室など、住民主体の健康づくり活動が近年盛んに実施されています。
 しかし、これらの活動の評価として、生活習慣病予防や健康寿命の延伸に繋がっているという効果がわかりにくい、はっきり見えてこないという問題も残っています。
 そこで、これらの地域活動に参加して住民とのコミュニケーションを図りながら、活動の実施状況、参加者の健康観及び食生活に関する意識調査などを実施することで現状を把握し、そこから見えてくる課題などに対して、より効果のある情報提供のあり方や活動内容などについての考察を行っています。

研究実績一覧

論文・資料作品等

表題単・
共著
刊行概要(共著者名)関連授業科目
岐阜市健康運動教室の取り組みについて 共著 日本保健師学術集会,平成24年3月 筑波大学との協働で取り組んでいるICTを活用した「健康運動教室」の効果と考察 公衆栄養学,公衆栄養活動論
「たばこの害のないまち」を目指した取り組み 共著 日本保健師学術集会,平成24年3月 禁煙希望者に対して市薬剤師会と行政との協働で取り組んだ禁煙教室の評価と考察 公衆栄養学,公衆栄養活動論
健康運動教室の取り組みと成果 単著 全国地域情報推進セミナー,平成23年11月 筑波大学との協働で取り組んでいるICTを活用した「健康運動教室」の効果と考察 公衆栄養学,公衆栄養活動論
市町村合併で変化した保健師の思いと活動
-保健師活動の広域化のなかで細分化した関係性を活かす-
共著 保健師ジャーナル第66巻第8号,平成22年8月 市町村合併が地域の保健活動に及ぼす影響、保健師間の調整についての評価と今後の地域保健活動についての考察 公衆栄養学,公衆栄養活動論
市民の健康づくり、健康寿命の延伸を支援するために 単著 公衆衛生情報平成17年11月号,平成17年11月 ぎふ市民健康基本計画を策定し、健康づくり、健康寿命の延伸等の施策の評価と考察 公衆栄養学,公衆栄養活動論
岐阜市民健康基本計画の推進
-地域住民と取り組む健康づくり体制-
共著 全国地域保健師学術研究会,平成17年10月 ぎふ市民健康基本計画を平成14年に策定し、地域住民と協働で推進している健康づくり体制についての評価と考察

公衆栄養学,公衆栄養活動論

中核市における地域づくり型保健活動のあゆみ 共著 全国地域保健師学術研究会,平成17年10月 地域づくり活動を推進して9年を経過した評価及び今後に向けて考察 公衆栄養学,公衆栄養活動論

教育業績

授業科目の名称講義等の内容講義と関連する
著書・論文と関連事項
公衆栄養学 わが国の健康・栄養政策等について理解し、健康・栄養問題の現状や課題を把握し、健康づくり施策の目標達成のための知識と技術の修得、及び公衆栄養マネジメントに必要な基礎的知識を学ぶ。
公衆栄養活動論 地域や職域等の健康・栄養問題、地域の特性や取り巻く環境・文化的要因、統計情報、公衆栄養活動の実態などを収集・分析し、総合的に評価・判断する能力を修得する。
公衆栄養活動論実習 地域特性などを収集・分析した結果から健康課題の抽出、アセスメントのまとめ、行政栄養士としての実践活動方法を習得する。
公衆衛生学 わが国の健康及び疾病の現状、保健統計から公衆衛生の問題を理解し、公衆衛生活動の基礎的知識を学ぶ。
臨地実習(公衆栄養学) 地域特性を反映した保健活動と公衆栄養マネジメントのあり方、また管理栄養士としての知識及び技能を実践的に学ぶ。