教員情報

学部・学科文化創造学部 文化創造学科
職種准教授 【博士】
氏名(カナ)イチキ アヤミ
氏名(漢字)櫟 彩見

研究分野

マルチメディア
画像処理

研究テーマ

マルチメディアや画像処理を研究テーマとしており、あらゆる分野において、静止画、動画、音声などの様々な情報を活用した手法の提案や検討の研究を行っている。

研究実績一覧

論文・資料作品等

表題単・共著刊行概要(共著者名)関連授業科目
マルチメディア学習のための電子テキストの提案とその効果に関する研究 単著 岐阜女子大学デジタルアーカイブ研究所テクニカルレポート,Vol.2 No.2,(平成29年3月), pp.22-27 情報技術の基礎であるマルチメディアについて,ネットワークを用いた電子テキストの教材開発について一例を示し,授業「マルチメディア」にて学習効果を調査した。その結果,補助教材として電子テキストが有効であることを確認し,写真やイラスト,図を分かりやすく情報処理して用いることが,学生の理解を促すことを明らかにした。さらに電子テキストを自ら操作して学習するため,各々のペースで主体的に学ぶ姿勢を作り出す効果があることを示唆した。 ネットワークと情報表現,情報処理実習
女性教員による「女子学生の学修意欲と進路意識の向上を目指す教育」 共著 岐阜女子大学 文化情報研究,Vol.17,No2,(平成27年),pp.27-36 本研究では、岐阜女子大学文化創造学部1年次の必修科目である「文化創造学概論」(半期2単位)の授業実践とその結果及び課題について報告する。15人の女性教員によるオムニバス形式の授業を行った。学生アンケートを分析した結果、学生の学修意欲の向上が認められた。進路意識の向上に関しては、十分な成果が得られなかったため、今後は学外講師を導入するなどさらに授業方法等を工夫する必要性が確認された。(共著者:三宅茜巳・齋藤陽子・佐々木恵理・加藤真由美・森洋子・土井のぞみ・位田かづ代・林知代・松本香奈・冨本真理子・山中マーガレット・松家鮎美・谷里佐・鈴木泰恵) 文化創造学概論
生物多様性の視点による地域伝統文化デジタルアーカイブ 共著 岐阜女子大学 文化情報研究, Vol.16, No.4,(平成26年12月),pp.59-62 自然環境の変化,特に生物多様性の喪失により地域の生活や伝統文化の継承に困難が生じている。地域の伝統文化継承を目的とした学習教材としてのデジタルアーカイブにあっては,理解のプロセスを重視し,体系的な理解を狙いとした構成が望ましい。今後,地域の伝統文化を対象としたデジタルアーカイブの構成的な保存にあっては,文化の継承に困難をきたしている自然環境,生物多様性把握の視点によるコンテンツ制作が必要になるであろう。(共著者:井上透・加藤真由美)
加熱撹拌調理における目配り技術と指導に関する研究 共著 日本家政学会誌, Vol.63, No.7,(平成24年7月),pp.413-419 加熱撹拌調理における目配り技術と出来上がりの品質を確認し、熟練者の目配りを非熟練者に指導することで、目配り技術が向上し、出来上がりの品質も向上したことを確認した。(共著者:小林由実・小川宣子・加藤邦人・山本和彦) マルチメディア
地域を基盤とした食文化継承のための方法論-飛騨国府町の食育を事例として- 共著 会誌食文化研究, No.7,(平成23年11月),pp.35-46 地域特有の食文化を聞き取り調査等で明らかにし、それをもとに教材を作製し食育を実践するという一連の過程が、食文化継承に有効であることを明らかにした。(共著者:長屋郁子・小川宣子) 文化情報メディアⅡ
炒め調理における目配りと調理技術に関する研究 共著 日本家政学会誌, Vol.60, No.11,(平成21年11月),pp.929-936 同じ調理でも料理の品質に生じる差として、調理時の目配りに着目した。熟練者と非熟練者による炒め調理において、目配りを点数化と画像処理から数値化を行った。また品質を硬さや塩分濃度から評価した結果、熟練者の方が目配りを行っており品質も高いことから、調理技術としての目配りを確立した。(共著者:小林 由実・小川宣子・加藤邦人・山本和彦) 文化情報メディアⅠ
Horizon View Cameraの応用による汎用入力インターフェースの提案 共著 電気学会論文誌C, Vol.126, No.1,(平成18年1月),pp.44-50 Horizon View Cameraをの性質を用いた新しい入力インターフェースを提案し、一例として「どこでもピアノ」を作成する。そして実験により本提案システムにおけるタッチセンサーとしての精度を調べることで、新しい汎用入力インターフェースが構築可能であることを示す。(共著者:加藤邦人・山本和彦) ネットワークと情報処理

著書

表題単・共著刊行概要(共著者名)関連授業科目
初年次教育テキスト[補完教育用]アーカイブ専修「情報処理基礎」 共著 岐阜女子大学,(平成27年1月) コンピュータおよびその周辺機器の使い方、ソフトウェアの使い方について、Windows8に対応できる能力を身につけられる教材とした。 情報処理基礎演習
準デジタルアーキビスト資格テキスト デジタルアーキビスト入門 共著 特定非営利活動法人日本アーカイブ協会,(平成26年9月) 知識基盤社会に必要な人材としてのデジタルアーキビストの資格を認定するため、デジタルアーカイブに関する基本的な知識・技能を学習することを目的に作成。(共著者:後藤忠彦・井上透・加藤真由美・久世均・坂井知志・佐藤正明・谷里佐・林知代・又吉斎・三宅茜巳) 自己表現Ⅱ
デジタルアーカイブ入門 共著 岐阜女子大学,(平成24年12月) (共著者:後藤忠彦・三宅茜巳・加治工尚子・佐藤正明・久世均・林知代・谷里佐・橋詰恵雄・加藤真由美)
文化メディア演習補完学習テキスト 単著 岐阜女子大学大学院文化創造学研究科,(平成21年4月) コンピュータおよびその周辺機器の使い方、ソフトウェアの使い方について記載した。 情報処理基礎演習
文化メディア特講Ⅱ 共著 岐阜女子大学大学院文化創造学研究科,(平成20年10月) 三次元計測の仕組みや方法について記載した。(共著者:谷口知司) 文化メディア特講Ⅱ
文化メディア特講Ⅰ 共著 岐阜女子大学大学院文化創造学研究科,(平成20年4月) デジタル画像情報の取得や扱い方、保管・提示の方法について記載した。(共著者:谷口知司) 文化メディア特講Ⅰ
文化メディア演習 共著 岐阜女子大学大学院文化創造学研究科,(平成20年4月) 画像記録用機器の使い方や活用方法について記載した。(共著者:後藤忠彦・谷里佐・林知代・加藤真由美) 文化メディア演習
DAシリーズ① デジタル・アーキビストのためのマルチメディア基礎 共著 岐阜女子大学デジタル・アーキビスト養成研究会,(平成19年1月) 撮影機器の使い方や画像応用方法について記載した。(共著者:加藤真由美・谷里佐・林真子) マルチメディア
地平線カメラ系を用いた画像処理手法における基礎的特性の解明とその応用に関する研究―ホライズンビューカメラ― 単著 博士論文,(平成18年3月) 新しいカメラシステムの構成や特性を調べ、有効性および活用方法について記載した。

学会

所属名備考
日本家政学会
電子情報通信学会

学会発表

表題単・共発表概要(共著者名)
国際会議
A Proposal of Cooking Techniques and Quality Evaluations by Observation 共同 21th World Congress of International Federation for Home Economics,(平成20年7月) (共著者:N.Ogawa, K.Kato, K.Yamamoto)
国内会議
デジタルアーキビスト養成のための実践的活動 共同 日本教育情報学会第32回年会(平成28年8月) 講義や実習の授業でデジタルアーカイブ制作について学んでいる学生たちに、実践活動を通して情報処理の知識や動画、音声などを扱う技術において不足している分野を知り、いかに何を学ぶか、または学修の必要性を知り、さらに学修させる必要がある。そこで、プロジェクト活動をたちあげ実践的な教育を行ってきたので、その内容と課題について報告する。(共著者:林知代・尾関智恵)
画像処理によるとろみの比較に関する検討 共同 日本家政学会中部支部第60回大会,(平成27年9月) とろみ調整食品では、とろみの強弱を利用者へ伝達するために、身近な市販の食品を目安に用いているが、見た目が異なる場合が多く利用者の負担となっている。そこでとろみの確認手段である視覚に着目し、画像処理を用いてとろみ調整食品と目安とする市販の食品を比較した結果、とろみの表現は正確ではなく、調製を困難にすることを示唆した。(共著者:小林由実・小川宣子)
画像処理によるとろみの比較に関する検討 共同 日本家政学会第65回大会,(平成25年5月) (共著者:小林由実・小川宣子)
練る調理における目配り指導が料理の品質に及ぼす影響 共同 日本家政学会第62回大会,(平成22年5月) (共著者:小林由実・小川宣子・加藤邦人・山本和彦)
飛騨国府町の伝統食及び行事食 共同 日本家政学会中部支部第54回大会,(平成21年9月) (共著者:長屋郁子・小林由実・清水祐美・小川宣子)
炒め調理における目配り技術の検討 共同 日本家政学会第61回大会,(平成21年8月) (共著者:小林由実・小川宣子・加藤邦人・山本和彦・長屋郁子)
ごま豆腐の調理過程における目配りがごま豆腐の品質に及ぼす影響 共同 平成21年度日本調理科学会東海・北陸支部・近畿支部合同研究発表会,(平成21年7月) (共著者:小林由実・小川宣子・長屋郁子・加藤邦人・山本和彦)
調理時の目配りによる調理技術評価の確立 共同 日本家政学会第60回大会,(平成20年5月) (共著者:小林由実・小川宣子・加藤邦人・山本和彦・長屋郁子)
調理過程における目配りを用いた料理品質評価方法 共同 日本家政学会第59回大会,(平成19年5月) (共著者:小川宣子・加藤邦人・山本和彦)

共同研究・委託研究等

表題主・分刊行概要(共著者名)関連授業科目
科学研究費補助金(若手研究(B)):視覚情報を用いたとろみ評価方法の構築に関する研究 平成22年
財団法人森永奉仕会研究奨励金:シュークリームのおいしさに影響する因子の解明 平成22年
科学研究費補助金(若手研究(B)):調理過程における目配りを指標とした調理技術の数値化と評価 平成20年
科学研究費補助金(萌芽研究):食品生成プロセスと画像処理に着目した新しい品質評価手法の提案 平成19年

受賞学術賞

表題単・共刊行概要関連授業科目
論文奨励賞 一般社団法人日本家政学会中部支部,(平成25年)

教育業績

授業科目の名称講義等の内容講義と関連する著書・論文と関連事項
文化情報メディアⅠ 動画のしくみや編集を理解する。 炒め調理における目配りと調理技術に関する研究
文化情報メディアⅡ 音声や音楽のしくみを理解し、加工・編集技術を身につける。 地域を基盤とした食文化継承のための方法論-飛騨国府町の食育を事例として-
文化情報メディアⅢ 3Dのしくみや3次元計測を理解する。3Dソフト技術を身につける。 The Detection of Obstacles by the Horizon View Camera
ネットワークと情報表現 ネットワークに関する知識やコンピュータにおける情報表現を理解する。 Horizon View Cameraの応用による汎用入力インターフェースの提案
文化メディア演習 デジタル一眼レフカメラの性質を理解する。 文化メディア演習
情報処理基礎演習 情報の基礎知識を学ぶ。 文化メディア演習 補完学習テキスト
マルチメディア 一眼レフカメラを中心に使い方や撮影方法を学ぶ。 DAシリーズ① デジタル・アーキビストのためのマルチメディア基礎
加熱撹拌調理における目配り技術と指導に関する研究