資料請求

新着情報

夏休みだからできる現場体験

小中高の学校は9月を待たないで授業が始まっていますが、大学の夏休みは始まりも遅いため、まだしばらく夏休み期間です。ところが、夏休み期間でなくてはできない「現場体験による学修」を、1・2・3年共、それぞれに行っています。

9月の始まりは、休みモードを切り替えて後学期に備えている雰囲気にあります。

例えば1年次生は、「保育所体験」の学修を9月7日に、山県市内の保育所で行います。グループに分かれて、それぞれの保育所に現地集合、現地解散の方法で行います。

一日を手際よく、観察したり幼児と関わって実態を知ったりするために、事前の学修を重ねて行います。現場で学ぶことができるこうした体験の場を、有効な時間としたいため、学生間で学び合い、一致団結の気持ちを高めて、そして、自分自分の課題を決めて、現場に向かっていきます。

どんな成果が得られたか、また事後にお伝えいたします。

P9151034.JPGP9151058.JPG

<昨年度の1年生保育所体験の様子>