資料請求

新着情報

地域文化を外国人観光客へどう伝えるのか~クールぎふ・クールジャパンのイベント~

6月9日(日)に岐阜市で行われたCOOL GIFU, COOL JAPANのイベントに観光・英語専修3年生がサポート役として参加しました。
COOL GIFU, COOL JAPANは、岐阜市国際交流協会による外国人観光客や留学生へ、日本文化を紹介し実際に体験してもらうイベントです。

日本文化を代表する「書道」や「茶道」、「風呂敷の使いかた」などを英語で紹介しました。

学生は、9日本番までに、英語での挨拶や文化紹介に必要な英語を学修しました。当日は、初めてということもあり若干緊張していたようですが、徐々に自ら参加者に歩み寄り、英語で説明したり、参加者が困っていると助けてあげたりする場面がありました。

2019.6.8交流文化史1.jpg

50名以上の参加者が集まり、イベントは大成功をおさめ学生らもほっと一安心。外国語習得の重要性はもちろんのこと、日本の文化、地元の地域文化を深く知り伝える努力の大切さも学びました。

学生の中には、自分のつたない英語を参加者が一生懸命理解しようとしてくれる姿に感銘を受け、「完璧な英語でなくても、気持ちは伝わる」と自信を持ち始めた学生もいました。机の上だけでは学ぶことが出来ないことが学外活動(フィールドワーク)にはあります。

観光・英語専修では、学内だけでなく外へ出かけていき、地元の方や外国人の方々との交流を大切にしています。そのうえで観光業、英語を使う仕事に必要な「知識力」と「実践力」を習得します。

高校生の皆さん、ぜひ観光・英語専修であなたの夢を叶えましょう!

(岐阜新聞社提供/2019年6月13日岐阜新聞掲載記事)
1791-2019.6.13.jpg