資料請求

新着情報

7月16日のオープンキャンパス体験授業は?

体験授業A 地域の健康を考える管理栄養士 ~将来の骨貯金を考えよう~

 毎年、厚生労働省は、国民の身体の状況、栄養摂取量及び生活習慣の状況を明らかにすることを目的に「国民健康・栄養調査」を実施します。この調査結果から見えてくる若い女性の健康問題はいったい何でしょう?
 女性の骨量は10代後半から20代前半でピークに達します。しかし、骨をつくるのに必要なカルシウムの一人1日当たりの摂取量は、20代の女性が一番低い状況にあります。
 体験授業では、この調査の統計結果から見えてくる健康問題を考え、カルシウム摂取の必要性や骨粗しょう症について学びます。
 そして、実際に皆さんの踵骨(しょうこつ:かかとの骨)の骨年齢をチェックして、骨の骨量がどうなのか確認してみましょう。

体験授業B ビタミン、見たことありますか?

 皆さんは「ビタミン」と言われる物質が何種類あるか知っていますか?最近はサプリメントなどによりビタミンを手軽にとることができますが、いったい体内ではどのような作用をしているのか知っていますか?お店に売られているドリンク剤はどうして褐色の瓶に入っているか知っていますか?そして、そもそもビタミンを実際に見たことはありますか?
 今回は水溶性ビタミンを中心に、ビタミンの性質について紹介します。皆さんには、強化米からビタミンを抽出してもらいますので、それをもとにビタミンを自分の目で確かめてみましょう。ビタミンに対する認識が大きく変わるかもしれませんよ!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

体験授業後には、各地方や出身県ごとに分かれて、地元の先輩の話を聞くことができますよ。

今回も、健康栄養学科4年生が手作りのお弁当を作ります。 楽しみにしていてくださいね。