国語

講義番号 16
講義テーマ 古文はおもしろい
講義内容

古文なんて、古くさくて、役にも立たないし、おもしろくない、なんて思っていませんか? たとえば『源氏物語』若紫巻の少女は可愛らしいだけでしょうか。じつは、変わり者でもあります。でも可愛らしい。なぜでしょう。そこには秘密があります。それを解き明かせば、古文のおもしろさがわかりますし、人が人を、たとえば可愛いらしいなどと、判断することに、私たちは慎重でなければならないといった現代的な問題が見えてきます。そんな古文の魅力についてお話します。

担当 文化創造学専攻 書道・国語専修 鈴木 泰恵
ご用意頂く備品 パソコン(OSがWindowsでMicrosoft Power Point 2003をインストールしたもの)、プロジェクター、スクリーン