保育実習室

保育実習室、完成披露会!

 皆さん、こんにちは!

 6月26日、読み聞かせ絵本館(保育実習室)の完成披露会を行いましたo(^▽^)o

 2009年から企画が始まり、後輩に受け継がれ、様々な職人さん、業者さんにご指導をいただきました。

 この建設作業体験で得たことは、社会に出てからも、私達の自信となることと思います。本当にありがとうございましたm(_ _)m

 
 学長先生をはじめ、この建物を利用してくださる生活科学や初等教育の先生方、大学職員の皆さん。又、建設工事でお世話になった方々に、建物を見ていただきました。  早速完成した建物は、生活科学専攻4年の学生が、乳幼児への絵本の読み聞かせに、利用されました。
 10号館に場所を変えて、学生代表から皆様にお礼の言葉を述べさせていただきました。  又、お世話になった建設会社、株式会社コーケンの渡辺様、塗装工事でお世話になった和信科学工業株式会社の山本様に感謝状を贈呈させていただきました。
 保育実習室の企画、基本設計をされた卒業生の先輩も来てくださいました。先輩たちの想いをかたちにすることが出来、又完成の嬉しさが大きくなりました(*^-^*)☆  その後、お越しくださった方々と一緒に、流しそうめんをいただきました。初めて流しそうめんを食べる学生も多く、一層楽しい会となりました♪(^∇^*)♪  

ついに保育実習棟が完成!!

皆さん、こんにちは。

5月に入り、保育実習棟(読み聞かせ絵本館)の建設作業は急ピッチで進められました(;^_^A

そして、2階部分の手すりの取り付けも完成へ! 建物の外周りの整備も終了!
建物内の掃除も終わり、ついに保育実習棟が完成しました(*^-^)!            <室内の様子>
<建物の外観>

6月5日には、建物の完了検査を4年生の先輩が立会い、無事合格。いよいよ、読み聞かせ絵本館として、使用できるようになりました\(^▽^)/!

6月26日は、建物の竣工式とお披露目会を予定しております。

子供たちがこの建物で、楽しい時間を過ごしてくれるといいな~と、今からワクワク、ドキドキしていますo(^^o)(o^^)o

今年度特プロ活動、始まりました!

 皆さん、こんにちは。

新年度の授業が始まり、1週間が過ぎました。

今日4月17日は、今年度始めての特別プロジェクト活動日。2年から4年生は久しぶりの作業に汗を流しました。

本日初参加の1年生は、今までに建設された建物の説明と作業見学となりましたが、次回からはつなぎに身を包み、建設作業を一緒に頑張りましょう(*^。^*)

 前年度に引き続き、ツリーハウス部分の手すり取り付け工事を行いました。吊木柱にノミで溝を彫り、手すりを取り付ける準備をします。

 やはり3年生はのこぎり、ノミなどの道具の扱いはスムーズです。テキパキ作業が進みます。

 先輩達の作業終了後、1年生は建物内に入り、階段で2階ツリーハウス部分に上り、滑り台を試してみました。

子供達が絵本を読んだり、滑り台で遊んだりと、建物の使われ方のイメージが出来たようです。

あともう少しで完成です。この建物を企画、設計をされた先輩方はすでに卒業されていますが、後輩が力を合わせて、完成させま~す(^_^)/~。 

特別プロジェクト活動報告!その4

引き続き、階段のパーツづくりを行います。

 左の写真は、階段の踏み板を切り出しています。

 踏み板は側桁の溝にはめ込むので、微妙な調整が必要になります。

 下の写真は、子供たちが階段から落ちないように、蹴込み板を取り付けているところです。

滑り台も滑り口となる踊り場に設置していきます。子供たちの遊具ともなるので、より安全に! うまく滑ることができるかな?滑り具合も確かめましたv(*^-^*)v
踊り場からツリーハウス部分に上がる階段取り付け工事です。 仮の階段取り付けを行い、階段の幅や長さ、踊り場やツリーハウス部分との接続を確認します。
滑り台側も同時進行で、階段を取り付けるために、滑り口の踊り場とツリーハウスに接続する床張り工事を行います。 入口、靴を脱ぐ部分はタイル仕上げです。接着材となるモルタルの上に、真っ直ぐに目地が通るようにタイルを並べていきます。
図面の赤丸部分、滑り台と踊り場までの階段工事が完了!
12月19日、年内最後の作業日では、3年生が鍋&焼き芋パーティーを主催。1、2年生に作業を任せ、鍋の準備中(v^ー°) 少し早めに作業を終わり、皆で鍋と焼き芋を美味しくいただきました!3年生の皆さん、ありがとうo(^▽^)o

完成も目前!来年も、皆で楽しく作業をしましょうね \(^○^)人(^○^)/

特別プロジェクト活動報告!その3

 建物内部での作業を報告しま~す!

 子供たちが建物内でも遊ぶことができるように、滑り台を設置。

 階段を上って、ツリーハウス(2階部分)を通って、滑り口に到着します。 

 右図が、読み聞かせ絵本館の平面図です。

 絵本館の形が八角形のため、階段の途中に、やや広く場所をとった平らな所(踊り場)と、滑り台も滑り口の台の部分を先につくります。

 まず、階段の踊り場と滑り台の滑り口の台を支える柱を立てます。柱の先端は「ほぞ」加工を行います。木造在来工法の継ぎ方の一つです。  「ほぞ」を入れる「ほぞ穴」加工を、ノミで行います。普通は、プレカット工場で木材に加工されるものですが、今回は自分たちの手で体験しました。 
 「ほぞ穴」加工された材を「ほぞ」のついた柱に取り付けます。  水平面でも、材をつなぐための加工を行います。授業で学んだ「蟻継ぎ」加工もつくりました。抜けにくいように、台形の形になっています。
 床板を張るための根太を渡します。   根太の上に下地板を張り、階段の踊り場ができてきました。

 踊り場に仕上げのフローリング材を張ります。1階の床仕上げと同じ手順ですが、形が複雑な分、のこぎりでの加工が大変です (ノ゚ο゚)ノ

 この材は、階段の側桁で、溝の部分には踏板が入ります。その4につづく