災害時浴室棟(五右衛門風呂)

災害時浴室棟 竣工式を行いました!

皆さん、こんにちは!

6月29日、約3年間特別プロジェクト実習で企画・設計から建設まで取り組んできた災害時浴室棟が完成し、竣工式を行いました。

竣工式には、学長先生をはじめ大学関係者の皆さん、工事に携わっていただいた皆様のほか、間伐材を提供してくださった中村様、卒業生の方など、お忙しい中多くの方に列席いただきました。

20170630-1.JPG

20170630-2.JPG

工事の初めから参加されている、4年生の相田先輩、五十嵐先輩によって、五右衛門風呂の火入れが行われました。

その後、体育館に場所を移して、工事過程の説明を行いました。

お風呂が沸いたところで、工事の指導をしていただいた株式会社コーケンの渡辺社長に、一番風呂を体験していただきました。

少し薪を焚きすぎて熱かったようですが、気持ちがいいと、言っていただけました。

火焚き係をした3年生も最後に皆で足湯をして、記念写真を撮り、無事に竣工式を終えることができました。

20170630-6.JPG

↓中の様子はこんな感じです! ↓浴槽の蓋なども製作しました!
20170630-4.JPG 20170630-8.JPG

20170630-7.JPG

ちなみに脱衣所のところに掛けたのれんは、私たち住居学専攻でデザインをして、生活科学専攻の先生と有志の学生さんに、製作をしていただきました。

このデザインのアルファベットの「U(ユー)」は、お湯の「湯(ゆー)」とuniversalの「U」、そして風呂釜に見立てて、3つ意味を持っています。

私達3年生は、1年生の頃からこの災害時浴室棟の工事に関わっているので思い出が沢山あります。実際の建物を設計計画するところからはじめ、施工、そして竣工までを経験できたことは本当に貴重な体験となりました。また、工事には多くの業者さんや職人さんが関わり、一つのものをこれだけたくさんの人たちで作り上げていくことを実感しました。浴室棟が完成し、つなぎを着てみんなと一緒に作業することがなくなり、少し寂しい気持ちになりました(;_;)

しかし、また新たな企画・設計を後輩たちがしていきますので、今後の特別プロジェクト活動に、ぜひ注目してくださいね(σゝ∀・)σ

20170630-5.JPG

災害時浴室棟 いよいよ29日は竣工式!!

こんにちは。

ついに災害時浴室棟が完成しました\(^O^)/

先日、建物と建物まわりの清掃をし、29日に行われる竣工式のリハーサルを行いました。

竣工式は3年生の先輩が主体となって企画、運営を行っています。私たち2年生は、パンフレットや完成までを記したパネルの作成、マスコミへの取材依頼を行いました。

20170623.JPG
準備作業はあと少しありますが、頑張ります。後は、当日のお天気が心配です。どうか晴れますように!

特別プロジェクト実習 災害時浴室棟の進捗状況!

こんにちは!1年生です!

4月27日

初めて特別プロジェクト実習に参加しました!

特別プロジェクト実習はとても楽しみにしていた授業の一つです。

この日は、災害時浴室棟の薪置き場の組み立て・入口のコンクリートの配筋作業を行いました。


初めて見る工具も多く、道具の使い方から、大工さんや先生、先輩に教えてもらいました。

最初はなかなか上手に使えなかった電動ドライバーも、使っていくうちに少しずつ上達しました。

20170522-1.JPG

20170522-2.JPG

20170522-3.JPG

5月11日

先週に引き続き薪置き場の組み立てと、浴槽まわりのタイル貼りを行いました。

浴槽まわりは、先輩たちが選んだ丸い小さなタイルを張っていきました。モザイクタイルというそうです。30センチ四方くらいのシート状になっているで、接着剤となるモルタルを塗ってシート状のタイルを並べていきます。

20170522-7.JPG

丸いタイルなので、隅の方や浴槽の立ち上がり部分の曲面になっているところは、貼り方が難しかったです。

次週はこのタイルの目地を埋める作業をしていきます。

5月18日

組みあがった薪置き場のペンキ塗りと、浴槽まわりのタイルの目地を埋める作業を行いました。

ペンキは白色で塗装していきます。2回塗りをするのでまずは1回目。

みんな黙々と塗っています→

私たち1年生は、買ったばかりの作業着をこの日1日でペンキだらけにしてしまいました!!

20170522-4.JPG

タイルの目地埋めは左官屋さんに教えてもらいながら、ゴム製のこてとスポンジを使って作業していきました。

なかなか良い、仕上がりになりました!

20170522-5.JPG

入学してから早1か月半が経ち、クラス全員と交流する機会が増えました。

特別プロジェクト実習は、1年生だけでなく、上級生とも交流が深められる授業です。

作業自体も楽しいですが、思っていた以上に作業後の達成感があります。6月の完成に向けて、微力ですが1年生も頑張ります。

20170522-6.JPG

内壁工事~災害時浴室棟~

201710151.jpg

皆さん、こんにちは。

12月15日、岐阜工業高校に依頼をしていた、薪置き場の土台となる金物の譲渡式が行われました。

その後、岐阜工業高校の生徒さんと一緒に、設置作業も行いました。住居学専攻では金属加工の技術が無いため、製作に協力していただき、大変助かりました。ありがとうございましたm(_ _)m。

201701052.jpg 201701053.jpg
岐阜工業高校機械研究部溶接班の方に、6個の土台金物を製作していただきました。上の写真は、譲渡式の様子です。 土台金物は、45㎝余りの正方形の枠を長さ20㎝の円柱4本で支える構造です。設置工事も手伝っていただきました。
201701054.jpg 201701055.jpg
室内では、コテを使っての仕上げ作業を引き続き行いました。 外壁の仕上げ作業で、コテ塗りも随分上達し、ムラなく仕上げることができるようになり、年内で内壁仕上げも完成です(*^▽^*)!

年内最後の作業では、1年生が授業の空き時間に準備をしてくれ、皆で美味しい焼き芋をいただきました!

寒い中での温かい焼き芋に、心も体もほっこり(‐^▽^‐)。

来年は、建物の完成目指して、頑張ります!

201701056.jpg

外壁仕上げ工事~災害時浴室棟~

10314.jpg

皆さん、こんにちは。

後期は、さぎ草祭や専攻内行事が重なり、特別プロジェクト実習の建設作業がなかなか進みませんでした。(´;ω;`)

やっと、外壁のサイディング張りも終わり、外壁の仕上げに取り掛かっております!

201611193.jpg 10313.jpg
外壁のサイディングも、広い面から順番に張り込み、最後は出窓部分の袖壁です。屋根の角度に合わせ、切り出した材が、うまく収まるか・・・・・・? サイディングとは、簡単に言えば一定の大きさのパネルの事で、上の写真ではパネルの境目にある継ぎ目(目地)を埋めるコーキング作業をしています。今回はコテを使います。
20161119.jpg 10314.jpg
コテの使い方は、下から上へ、左から右へと直線的に運び、コテ面全体を使って塗ることが大切と、職人さんに教えていただきました。φ(゚▽゚*)♪ 仕上げ材は、セメント系のサイディングの上に、水性タイプのアクリル樹脂が入った塗装剤で仕上げます。コテ面全体を使って、塗ることは、なかなか難しいです・・・・・・(゚o゚*)
201611192.jpg 10311.jpg
建物内も、透湿・防水シートをタッカーで止めた上に、外壁と同じサイディングボードをビス止めして、張り込みます。
サイディングボードも、さしがねまたは 曲尺(かねじゃく)と呼ばれるL型の定規を使い、必要な大きさに切り出す作業は、随分と慣れてきました。
201611191.jpg
外壁は、乾いた後二度塗りをします。
今回はコテ仕上げのため、コテの塗りムラをなくすよう一定の力で作業をしますが、ムラなく仕上げるのは、本当に難しいと感じました。
職人さんは、スゴイです (゚∀゚*)