大学院からのお知らせ 新着情報アーカイブ

デジタルアーカイブ学会が誕生

日本の目指す知識基盤社会を支えるのはデジタルアーカイブといっても過言ではありません。初期の文化遺産を中心とした展示やウェブ公開など提示中心から、いかに社会の全領域で知的生産やナレッジマネジメントに活用できるインターフェイス、横断的ネットワークなどの環境を確保するかの段階には入ったといえます。

しかし、Europeana(ユーロピアーナ)やDPLA(米国デジタル公共図書館)では、膨大なデータが2次利用可能なクリエイティブコモンズCC0(パブリックドメイン)で提供されるなど、欧米に比較して日本では基盤整備が遅れています。

このような状況下、岐阜女子大学、東京大学、国立情報学研究所などが中心になって、デジタルアーカイブ学会創設の準備を進めておりました。このたび、関係する大学や研究機関の研究者,博物館・図書館・文書館の実務者,企業アーカイブの担当者,関係企業の開発者など172名が参加し,東京大学情報学環を事務局として2017年4月15日に設立総会が開催されました。

学会は、国内のデジタルアーカイブに関わる関係者の経験と技術を交流・共有し、その一層の発展を目指し、人材の育成、技術研究の促進、メタデータを含む標準化に取り組むことや、国と自治体、市民、企業の連携、オープンサイエンスの基盤となる公共的デジタルアーカイブの構築、地域のデジタルアーカイブ構築を支援し、これらの諸方策の根幹をなすデジタル知識基盤社会の法制度がいかにあるべきかについても検討を行い、デジタルアーカイブ振興基本法など政策提言を積極的に行うことも視野に入っています。

http://digitalarchivejapan.org/wp/gakkaishi/

photo

デジタルアーカイブ学会設立の背景と趣旨(説明)東京大学大学院情報学環教授 吉見俊哉氏

写真提供:寺師太郎氏

入学式を挙行しました

4月5日に入学式が行われました。
今年度は通学制・通信制あわせて28名の方がご入学をされました。

これから仕事と学業の両立、大変だと思いますが頑張っていきましょう。
教職員一同、精一杯サポートをさせて頂きます。

IMG_0084.jpg IMG_0241.jpg
入学式の様子 書道部による大字パフォーマンスの様子

4月9日には沖縄サテライト校で入学式が行われました。

IMG_6853.jpg
沖縄校の入学式の様子

沖縄サテライト校で学位記授与式を挙行いたしました

平成29年3月18日(土)に沖縄サテライト校にて学位記授与式を挙行いたしました。
沖縄県在住の大学院生6名が、無事にこの日を迎えることができました。

これまでに得た知識と経験をいかんなく発揮し、それぞれの現場で大いに活躍してくれると
思います。
IMG_2576.jpg

沖縄サテライト校が発行している、機関紙『出藍の誉れ』から院生のメッセージを抜粋いたしました。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
~大学院修了を迎えて~           
「学び続けることの大切さ」
文化創造学研究科 初等教育学専攻  
 諸喜田 朱里 さん

私は、小学校教諭となることを目標に学部を卒業し、自信の更なるスキルアップを目指し
大学院に進学しました。この一年間は、大学院の講義と修士論文、教員採用試験勉強、
学校現場での仕事と、大変充実した濃い時間を過ごすことができました。
 後藤忠彦学長先生を始め、岐阜女子大学の先生方、沖縄サテライト校の先生方から
熱心で、丁寧なご支援・ご指導を賜りました。専門的・実践的な学びを受けさせていただき
修士論文を書き終えた際には、「学び続けることの大切さ」を感じました。また、学部から
一緒の仲間や、経験豊富な仲間と出会い、現場の様子や日々の出来事、悩みを話すことで
新たな発見や学びを得ることができ、私の大きな支えになりました。さらに、これまで学生
生活を支え、応援してくれた家族への感謝の気持ちでいっぱいです。
 関わっていただいたすべての皆さまに心から感謝申し上げます。本当にありがとうござい
ました。今後、岐阜女子大学大学院で学んだことを現場で活かせるよう、常に目標と学び
続ける姿勢をもって日々精進していきます。

IMG_5562.jpg


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

修士論文発表会を行いました

平成29年2月18日(土)に文化創造学研究科の学位論文最終試験を実施しました。

14名の院生(通学生・通信制)が3月の修了を目指して試験に臨みました。
発表時間は15分、その後は先生方からの質疑応答です。
中間発表の時に指摘された個所も修正し、緊張はしていましたが落ち着いて発表することが
出来ていました。
発表時間の15分をオーバーすることもなくパワーポイントや資料も上手にまとめられていて、
質問にもスムーズに答えていました。

この日は文化情報研究センター(岐阜市明徳町杉山ビル)と沖縄サテライト校キャンパスを
テレビ会議システムで接続しました。

発表の様子(岐阜会場)
DSC09007.jpg DSC09020.jpg DSC08992.jpg
発表の様子(沖縄会場)
IMG_5576.jpg IMG_5562.jpg IMG_5558.jpg

大学院国語コース―新たな教育・研究法の学びにむけて

 文化創造学研究科では、国語科目における「古文」「漢文」あるいは「古典」「近代」という枠組をゆるめ、新たな教育・研究のあり方を学べるようにしています。
 「古文」と「漢文」とは、切っても切り離せない関係にあります。教科書にも載っている『源氏物語』「桐壺」「夕顔」「須磨」各巻、『枕草子』「香炉峰の雪」などは、『白氏文集』との関係を押さえて読むと、また新たな広がりが出てきます。
 「古典」「近代」については、「物語」も「小説」も構造や叙述法等を考える理論は同一です。文学を読む理論を学び援用すると、近代小説と古典物語との近い関係が見えてきます。
 さらに、日中比較文化について考えていくと、文字や思想はもとより、食品・住居・焼きもの等、漢文文化圏からの影響関係が、いたるところに見当たります。

 大学院国語コースは、日本文学・文化と漢文学・文化との、長年にわたる深い関係をとらえ、東洋や国際といった視野で考えていきます。
 『源氏物語』や『枕草子』また古典・近代を含め日本文学に興味があり、漢文にも興味があり、それらの関係を学びたい、日本文化を東洋的・国際的視野から学びたいと思う方々もちろん、現職にも活かせる学びを求め大学院に上進をされたいとお考えの先生方のお力になれればと思います。

****************************************************************************

大学院国語コース・岡部明日香先生が執筆された本の一部を紹介します。

KIMG0663.jpg KIMG0665.jpg