大学院からのお知らせ 新着情報アーカイブ

教育資料研究会で院生が論文発表をおこないました

教育資料研究会で本学の院生7名(通学制・通信制)が論文発表を行いました。

「第21回 教育資料研究会」
~新たな学びに関する研究~

日時 平成29年6月24日(土) 9:30~12:00
主催 日本教育情報学会
会場 岐阜女子大学 文化情報研究センター(岐阜県岐阜市明徳町) 
   岐阜女子大学 沖縄サテライト校   (沖縄県島尻郡与那原町)
        2会場をテレビ会議システムを活用して結び、開催しました。

≪岐阜会場の様子≫

DSC09435.jpg DSC09434.jpg DSC09416.jpg

≪沖縄会場の様子≫

20170624oki (2).jpg 20170624oki (5).jpg 20170624oki (6).jpg

発表時間は一人10分と短かったのですが、要点をまとめて発表をしました。
質疑応答では厳しいご意見もありましたが、今後の研究の参考にしていただき
修士論文に取り組んでください。

大学院説明会を開催します

大学院説明会を開催いたします。
修士号取得・教員専修免許状取得・学びなおし、
などをお考えの方、この機会にキャリアアップを図りませんか。

【日程】 ①~⑤の日程で開催します。
 ① 2017年6月17日(土)終了いたしました    
 ② 2017年8月5日(土)

 ③ 2017年9月9日(土)   
 ④ 2017年10月7日(土)
 ⑤ 2018年1月8日(月・祝)

【時間】 10:30~12:00

【会場】 岐阜女子大学 文化情報研究センター
     (岐阜市明徳町10番地 杉山ビル)

【その他】 事前予約制となります。
      各日3日前〆切

【申込方法】 ・お名前   ・住所   ・連絡先電話番号
        ・説明会参加希望日   ・参加希望日
        ・興味がある又は希望する専攻・分野名
        を メールまたは電話でお申込みください。

院説明会案内.pdf

デジタルアーカイブ学会が誕生

日本の目指す知識基盤社会を支えるのはデジタルアーカイブといっても過言ではありません。初期の文化遺産を中心とした展示やウェブ公開など提示中心から、いかに社会の全領域で知的生産やナレッジマネジメントに活用できるインターフェイス、横断的ネットワークなどの環境を確保するかの段階には入ったといえます。

しかし、Europeana(ユーロピアーナ)やDPLA(米国デジタル公共図書館)では、膨大なデータが2次利用可能なクリエイティブコモンズCC0(パブリックドメイン)で提供されるなど、欧米に比較して日本では基盤整備が遅れています。

このような状況下、岐阜女子大学、東京大学、国立情報学研究所などが中心になって、デジタルアーカイブ学会創設の準備を進めておりました。このたび、関係する大学や研究機関の研究者,博物館・図書館・文書館の実務者,企業アーカイブの担当者,関係企業の開発者など172名が参加し,東京大学情報学環を事務局として2017年4月15日に設立総会が開催されました。

学会は、国内のデジタルアーカイブに関わる関係者の経験と技術を交流・共有し、その一層の発展を目指し、人材の育成、技術研究の促進、メタデータを含む標準化に取り組むことや、国と自治体、市民、企業の連携、オープンサイエンスの基盤となる公共的デジタルアーカイブの構築、地域のデジタルアーカイブ構築を支援し、これらの諸方策の根幹をなすデジタル知識基盤社会の法制度がいかにあるべきかについても検討を行い、デジタルアーカイブ振興基本法など政策提言を積極的に行うことも視野に入っています。

http://digitalarchivejapan.org/wp/gakkaishi/

photo

デジタルアーカイブ学会設立の背景と趣旨(説明)東京大学大学院情報学環教授 吉見俊哉氏

写真提供:寺師太郎氏

入学式を挙行しました

4月5日に入学式が行われました。
今年度は通学制・通信制あわせて28名の方がご入学をされました。

これから仕事と学業の両立、大変だと思いますが頑張っていきましょう。
教職員一同、精一杯サポートをさせて頂きます。

IMG_0084.jpg IMG_0241.jpg
入学式の様子 書道部による大字パフォーマンスの様子

4月9日には沖縄サテライト校で入学式が行われました。

IMG_6853.jpg
沖縄校の入学式の様子

沖縄サテライト校で学位記授与式を挙行いたしました

平成29年3月18日(土)に沖縄サテライト校にて学位記授与式を挙行いたしました。
沖縄県在住の大学院生6名が、無事にこの日を迎えることができました。

これまでに得た知識と経験をいかんなく発揮し、それぞれの現場で大いに活躍してくれると
思います。
IMG_2576.jpg

沖縄サテライト校が発行している、機関紙『出藍の誉れ』から院生のメッセージを抜粋いたしました。
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
~大学院修了を迎えて~           
「学び続けることの大切さ」
文化創造学研究科 初等教育学専攻  
 諸喜田 朱里 さん

私は、小学校教諭となることを目標に学部を卒業し、自信の更なるスキルアップを目指し
大学院に進学しました。この一年間は、大学院の講義と修士論文、教員採用試験勉強、
学校現場での仕事と、大変充実した濃い時間を過ごすことができました。
 後藤忠彦学長先生を始め、岐阜女子大学の先生方、沖縄サテライト校の先生方から
熱心で、丁寧なご支援・ご指導を賜りました。専門的・実践的な学びを受けさせていただき
修士論文を書き終えた際には、「学び続けることの大切さ」を感じました。また、学部から
一緒の仲間や、経験豊富な仲間と出会い、現場の様子や日々の出来事、悩みを話すことで
新たな発見や学びを得ることができ、私の大きな支えになりました。さらに、これまで学生
生活を支え、応援してくれた家族への感謝の気持ちでいっぱいです。
 関わっていただいたすべての皆さまに心から感謝申し上げます。本当にありがとうござい
ました。今後、岐阜女子大学大学院で学んだことを現場で活かせるよう、常に目標と学び
続ける姿勢をもって日々精進していきます。

IMG_5562.jpg


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-