資料請求

新着情報

日本文化をどう伝えるか ~交流文化史の授業~

観光・英語専修3年次には、「交流文化史」という授業があります。ここでは、日本の文化を海外へどう伝えるのか、地元ぎふの文化はどのように海外へ伝わっているのかを学修し、実際にイベント協力を行っています。

5月下旬に行われた授業では、外国人旅行者、留学生らから人気の"風呂敷"の使い方を学びました。

ただ包むだけではなく、バッグとしても活用できる優れものの風呂敷。本や瓶を包みながら、外国語(英語)でどう説明していくのか。

試行錯誤しながら、何度も何度も練習しました。手も口も動かしながら外国人へ分かりやすく伝えるのは、本当に難しいですよね。

写真 2019-05-11 11 57 49.jpg

今週末行われる、岐阜市国際交流協会「COOl GIFU, COOL JAPAN 日本文化紹介」へお手伝いに行ってきます♪

知識だけでなく、現場実習を積みながらコミュニケーション能力を培っていきます。