資料請求

ゼミ研究・活動

第1回 『健康寿命を延ばす食教室』を開催!

本研究室は、山県市と連携し、健康寿命を延ばすための食教室を開催しています。山県市は、高血圧の方の割合が多いので高血圧予防を目的としています。減塩食に対して、「味が薄い」「まずい」といったイメージがあり、続けられない方が多いため、今回は、適塩と野菜摂取をテーマに~今から始める適塩教室!~を開催しました。参加者の方から「簡単にできる適塩方法を知れた」という意見をいただきました。今後も回数を重ね、少しでも地域に貢献できるように頑張ります。第2回は、親子教室を開催します。今回の反省を活かして、より良い食教室にしたいと思います。(藤田研究室 村松)
藤田研2.png

第1回健幸はつらつセミナーを開催

1回目は、健康寿命や加齢に伴う身体の変化について説明しました。講義の中には、甘味、うま味、塩味、苦味、酸味の識別(五味識別)を取り入れ、自身の味覚を確認していただきました。最後に、運動を取り入れ、参加型のセミナーになるようにしました。参加者からは、健康寿命について知ることができた。少しでも健康で長生きできるように気をつけたい。といった意見を得ることができました。また、認知症予防について知りたい。等の意見もあり、次回のセミナー内容に追加したいと準備をすすめています。次回は、もっと参加者の方と積極的に関わりたいと思っています(笠井研究室・鈴木遥)。
笠井研3.png

「くるくる食パン」の改良に挑戦

本研究室は、道の駅美濃にわか茶屋と連携し、地域特産品を使った商品開発に取り組んでいます。美濃市の特産品である仙寿菜は、鮮やかな赤色の葉を特徴としています。この鮮やかな赤色を活かした「くるくる食パン」の改良を目指します。より鮮やかな色のインパクトのあるパンを目指し、改善を繰り返しています。商品が出来上がるのをお楽しみに(笠井研究室)

笠井研研究2.png

捨てないで!摘果みかん

摘果みかんをご存知ですか。摘果とは大きくて味のよい果実を生産するために,結実した果実の一部を幼果のうちに間引くことを言います。摘果された実は有効活用されず、廃棄されることがほとんどであるため、廃棄せずに美味しく食べられる方法はないかと考えました。さらに商品化を目標とし、廃棄物の削減や地域の活性化を目指します。(藤田研究室)

藤田研ゼミ活.JPG

地域の方に健幸はつらつセミナーを開催

本研究室は、道の駅美濃にわか茶屋と連携し、毎年、地域の方を対象に健幸はつらつセミナーを実施しています。岐阜県の疾病分類統計やアンケート調査の結果から問題点を抽出し、その改善に向けた取り組みを企画・立案しました。現在は、参加者も集まり、第1回目のセミナーの準備に取り組んでいます。(笠井研究室)
笠井研研究1.png