資料請求

プロジェクト

美濃まつり撮影実習

4月13日(土)、14日(日)に美濃市で美濃まつりが開催されました。
デジタルアーカイブ専攻では、美濃まつりデジタルアーカイブのために、3年生が撮影を行いました。

3年生を3チーム分けて、
Aチーム・・・13日8時~ 花みこし
Bチーム・・・13日16時~ 仁輪加
Cチーム・・・14日12時~ 山車
の体制で臨みましたが、14日が雨天のため中止になってしまいました。

CIMG0532.jpg
山車は、13日にうだつの上がる町並みに展示されていました。

CIMG0807.jpg
花みこしは、美濃和紙を1つ1つ手染めして作られたお花が「しない」につけられ、たくさんの「しない」がみこしに飾られたものです。
お花の色が全て違っているのも、興味深かったです。

CIMG0792.jpg
最大の見せ場である「総練り」では、全ての花みこしが集まりました。
太鼓も集まり、心臓にまで響く大きな音で大迫力でした。
この写真の中に、撮影している学生がいます。どこでしょうか?

 

 

 
見つかりましたか?
CIMG0835.jpg
右側に写っている建物の2階で撮影していました。

デジタルアーカイブ専攻では、1年生で撮影技術を身につけ、2年生で学内実習を行い実践力をつけます。
そして3年生になったら学外実習を行い、確かな力として身につけていきます。

現地では緊張した様子でしたが、機器を使いこなして撮影する様子が見受けられました。

撮影実習に参加した学生が、同じ場所で撮影されていた新聞記者の方から取材を受け、Web版に掲載されました。
https://www.chunichi.co.jp/article/gifu/20190414/CK2019041402000036.html

新入生宿泊研修を撮影しました

岐阜女子大学では入学式の次の日から、新入生宿泊研修を実施しています。
大学のこと、先生のこと、先輩のことなど、たくさんのことを楽しく知ることができる行事です。
また友達がたくさんできるため、参加した学生から大好評です。
人見知りで友達ができるかと心配していた学生も、笑顔でしゃべっている様子を見かけました。

そんな新入生宿泊研修の記録を、今年度からデジタルアーカイブ専攻が担当することになりました。

今年度は新2年生が撮影実習として参加しました。
1グループ2~5名の構成で4グループを作り、2日間を撮影しました。

撮影はデジタル一眼レフカメラ4台、デジタルビデオカメラ2台で行いました。

IMG_9443.jpg IMG_9355.jpg
デジタル一眼レフカメラで撮影!

IMG_0010.jpg IMG_9356.jpg
デジタルビデオカメラで撮影!

IMG_0056.jpg
撮影した内容は、その日のうちに撮影メモに記録します。

ただ撮影するだけでなく、何を撮影したら良いのか、誰が何を担当するのかを相談しながら進めました。

IMG_9350.jpg

全体図、お話ししている方のアップ、ズームインやズームアウトをしたり、上から撮ったり横から撮ったり、カメラをPANしてみたりと、いろんな構図で撮影していきました。

撮影した写真は、大学のHPに活用されました!!
平成31年4月4日新入生宿泊研修1日目を行いました。
平成31年4月5日新入生宿泊研修2日目を行いました。

撮影実習に参加した新2年生からは
・実践的な撮影実習で緊張したけど楽しかった
・思ったような撮影ができなくて、カメラの練習をもっとしたいと思った
・自分が撮影したのが使われるのか不安だけど、みんながどのように撮影したのか見るのが楽しみ
など、楽しく参加できつつ、撮影技術の再確認ができたようです。

撮影した写真や動画は、デジタルアーカイブの実践力を付ける授業「特別プロジェクト」で編集します。
新入生宿泊研修の内容はもちろん、新入生が楽しく過ごした様子、学生のためになった様子が伝わるように心がけていきます!

模擬授業「ドローンを体験しよう!」を実施しました

授業「特別プロジェクト」では、デジタルアーカイブの実践力を身につけるために様々な実習を行っています。
その一環として、この後期には模擬授業を実施しました。

デジタルアーカイブの技術に関する授業を、学生が先生役、生徒役に分かれて進めていきます。

この日は「ドローンを体験しよう!」のテーマで、2年生3名と1年生2名の先生で授業が展開されました。
・ドローンとはなに?
・ドローンの歴史
・デジタルアーカイブにドローンが必要な理由
について講義を受けました。
もちろんドローンについて学生が調べて、教材も作成しました。
前には、1メートルの大きさのドローンから、手のひらサイズのドローンまで並んでいました。

さあ!実習です!

DAD52372-1BBA-4342-9B10-A4353C51372C.jpg 室内なので小型のドローンを飛ばします。

31368A29-DDC5-48E7-BFE2-29FB0D9C9DEA.jpg 画面中央にドローンが飛んでいます。

6266AC96-7965-49BC-BD56-65E938FDD615s.jpg 最新のドローンは手のひらに着地もできます。

全員がドローンを体験したあと、4月にドローンで撮影した桜並木を鑑賞しました。

その後、ドローンの法整備や禁止されている飛行方法について勉強しました。
実際に飛んでいるドローンを見て、頭の上を通過するドローンを体験して、法整備の大切さが実感できました。

これからドローンを使った撮影・記録は必要となるでしょう。
模擬授業を通して、ドローンを知り、体験できましたので、デジタルアーカイブへの活用方法を考えていきます!

学生研究活動デジタルアーカイブの活用

岐阜女子大学には、卒業研究の要旨や論文をデータベース化した「学生研究活動デジタルアーカイブ」があります。
学内であれば、スマホやタブレット端末を使って、卒業生の研究を閲覧することができます。

現在の4年生の卒業研究に役立てられていますが、それ以外にも授業で使われています。

デジタルアーカイブ実践を目的とする授業「特別プロジェクト」では、グループに分かれて模擬授業を行っています。
模擬授業では、学生が先生役と生徒役に分かれて授業をして、先生役の学生は授業の自己評価を、生徒役や生徒の立場での評価を行い、授業内容や流れの改善を行います。
模擬授業を通して、授業で学んだことを再確認しつつ、プレゼン力や、生徒役への呼びかけなどのコミュニケーション力をつけることを目的としています。

模擬授業を組み立てる上で、「デジタルアーカイブとは?」や「企業アーカイブとは?」、「ドローンとは?」といった説明が必要になります。
学生は十分理解しているのですが、プレゼンで正確に説明となると、悩んでいました。

そこで、「学生研究活動デジタルアーカイブ」を活用しました。
卒業研究は、4年間の集大成なので、デジタルアーカイブに関する情報がたくさん含まれています。
「学生研究活動デジタルアーカイブ」は、分かりやすい!と好評でした。

実は、要旨や論文のPDF化やパスワード設定、データベース化はデジタルアーカイブ専攻の学生が行いました。
活用しながら、「あれ?これって私たちがデータベース化したもの?」と気付いたようです。

こんな風に活用できるのか、これがデジタルアーカイブなのかと、体感することができたようです。

20181214s.jpg

ドローンで桜を撮影しました

暖かくなり、もうすっかり春ですね。岐阜女子大学では桜が満開です。

CIMG0276.jpg

風が弱く、天気も良好!
そこで、ドローン撮影の練習もかねて、桜を撮影しました。
春休み中ですが、ドローンに興味津々な学生が大学に来て撮影に挑戦!

CIMG0249.jpg
まずは操作方法を確認!

CIMG0256.jpg
小さくて分かりにくいですが、白線を目印にドローンを操作しています。

CIMG0274.jpg
ズームインして撮りました、飛んでいるドローンです。

CIMG0268.jpg
地上から20mほど上がっています。ちょうど真ん中にある小さい点がドローンです。

動画を編集して、2018年岐阜女子大学の桜として1つ作品にしようと思います。
撮影した動画を確認したところ、
もうちょっとこんな映像が欲しいなという意見がでたので、
バッテリーを充電して、再トライすることにしました。
納得できる映像が撮影できるといいすね。


先日、新しいドローンが届きました。
インストラクター方に来校いただき、ドローンの説明会をしていただきました。

CIMG0223.jpg
1mくらいあるでしょうか・・・羽も6枚あって大きいです。
カメラも自由に変えられます。

CIMG0232.jpg
プロペラの大きな音に、学生はびっくり!


デジタルアーカイブ専攻では、デジタルアーカイブに必要ないろいろな機器の取り扱い方や撮影方法を学修します。
ドローンのように最新機器も取り入れて対応できる力も身につけていきます。