資料請求

オープンキャンパス

7/29 オープンキャンパス

7月29日(日)のオープンキャンパスでは、図書館司書講座「図書館とデジタルアーカイブ」を開講します。

現在、多くの図書館ではデジタルアーカイブを構築、公開しています。
図書館のデジタルアーカイブにはそれぞれ個性があり、それによって使い勝手も変わっています。

体験授業では、図書館の様々なデジタルアーカイブを見て、
どの図書館のデジタルアーカイブが利用しやすいのか、
どこの図書館が美しく見やすいのか、
などを考えて、人気投票をとおして意見交換していきます。

また8月5日(日)の午後に、司書+講座も実施します。
「司書+デジタルアーキビスト」の役割や、デジタルアーカイブの重要性について知ることができます。
申し込み受付中ですので、ぜひご参加ください。
詳細はこちら 

ご参加をお待ちしております!

7/16 オープンキャンパス

7月16日(月・祝)のオープンキャンパスでは、
体験授業「【図書館司書講座】図書の分類を体験しよう!」を開催します。

図書館の本は分類番号順に並んでいます。
図書館の分類番号にはどのような意味があるのか、本はどのように分類するのかを学びます。
そして実際に本を使って、10分類に挑戦します!

図書館の資料には、主題に応じて分類番号が付与されています。
分類番号の数字にはどのような意味があるのかを学んで、司書のお仕事を体験していただきます。

IMG_1467.jpg

是非ご参加ください!

7/1オープンキャンパスは博物館実習Bグループが担当します!

私たちBグループは、7/1(日)のオープンキャンパスで、「江戸時代の伝統文化に触れてみよう」と題して判じ絵ワークショップを行います。
まず、いろいろな判じ絵に挑戦してみました。絵を読み解くのが難しく、ひらめきがいりましたが、分かった時の爽快感がスゴイ!とても楽しいです!

楽しく伝統文化に触れることができる・・・博物館のワークショップのテーマにされることが多いのも分かります。

そして、実際に判じ絵を読み解いて、高校生の皆さんはどの判じ絵が分かりやすく楽しいのか、全員で考えた結果・・・

1.jpg どれがいいかな?とか言っています

5種類の判じ絵を出題することに決定しました!!

また、全員でオリジナルの判じ絵も考えました。
読みやすいように、分かりやすい絵を描いたので、どんな判じ絵になったのかお楽しみに・・・!!

当日は、ワークショップだけでなく、私たちのおすすめ授業などの話もしますよ☆
きっと、面白い話や楽しい話が聞ける・・・はず。

皆さん、オープンキャンパスにぜひ来てください!!
お待ちしています(*^∇^)ノ

(博物館実習Bグループ/nishi)

7月1日(日)オープンキャンパス

7月1日(日)のオープンキャンパスでは、体験授業「江戸時代の伝統文化に触れてみよう(判じ絵)」をテーマに、学芸員資格取得を目指す学生たちが、ワークショップを行います。

博物館の学芸員は、歴史や伝統文化を学び、人に伝えるためにワークショップなどを企画・運営します。
"判じ絵ワークショップ"に参加いただき、学芸員がワークショップでどんな仕事をするのかを感じていただけたらと思っています。

後日、担当学生からのメッセージを発信させていただく予定です。

また、体験授業後の午後には、【デジタルアーキビスト特別講座】を開催いたします!
詳しくはこちらをご覧ください。→夏の特別講座

ぜひ、ご来場下さい。

6/17 オープンキャンパスのご案内

6/17(日)のオープンキャンパス・体験授業では、
【図書館司書講座】知的書評合戦ビブリオバトルに参加しよう を開催します。

知的書評合戦ビブリオバトルとは、本の魅力を紹介しその優劣を競うコミュニケーションバトルです。
全国各地に、また世界中にも広がりつつある、今、図書館で話題のイベントです。

6/17のビブリオバトルでは、本の紹介を学生が行い、高校生による投票でチャンプ本を決定します。
予選を勝ち抜いてきた 3年生4名 + 去年決勝進出者の4年生 計5名による、2018年度岐阜女子大学ビブリオバトルの決勝戦です。

学生は、このお薦め本を女子高生のみなさんに読んで欲しい、こんなことに興味を持って欲しい、そんな気持ちで本を選んでプレゼンを用意しています。

図書館司書はいろんな本を知っている必要があり、本の内容を分かりやすく伝える必要があります。
また限られた時間内に伝えたい内容をまとめ、かつ興味を持ってもらうようなプレゼンの工夫についても学ぶ必要があります。

体験授業での学生の様子、プレゼンの内容を通して、大学で学ぶこと、司書に必要なチカラを体感していただきたいと思います。

ぜひご参加ください。