資料請求

オープンキャンパス

2018年9月17日(月・祝) のオープンキャンパス

9月17日(月・祝) のオープンキャンパス では、体験授業「【【デジタルアーキビスト講座】 カメラ女子になってみよう 」を実施いたします。

デジタルアーカイブの資料収集では、デジタル1眼レフカメラを使った撮影を日常的に行います。
体験授業では、初めてデジタル1眼レフカメラを使う方を対象に、デジタルアーカイブ専攻の学生が構え方からお教えします。
基本的な使い方や、スマートフォンでも応用できる写真の撮り方が体験できます。

また、1年生が前期に行った、古文書の撮影実践の成果を発表します。

ぜひ、来てくださいね。

8/19 オープンキャンパス

8月19日(日)のオープンキャンパスでは、体験授業「【博物館学芸員講座】デジタルアーカイブを活用した新時代の博物館」を実施いたします。

博物館は、デジタルアーカイブを活用して展示を行うだけでなく、インターネットを通じて広く情報を公開し、学校や家庭で活用されています。
体験授業では、博物館がどのように資料を集め展示しているか、デジタル社会でどのよう博物館の情報が活用されているかを、コンピュータ室でパソコンを使いながら学びます。

学芸員に興味のある方は、ぜひご参加ください!

8/5 オープンキャンパスのご案内

8月5日(日)のオープンキャンパスは、ミニイベント、体験授業、午後講座とデジタルアーカイブ専攻DAY!です。

特に、デジタルアーキビスト、図書館司書に興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください!!

ミニイベント「オリジナル和装本をつくろう!」

プリントで和本の見方や取り扱いなどを学んで、「四つ目綴じ本」の作成に挑戦します。
公共図書館では地域の歴史、文化等の和本を取り扱う可能性もあります。
そこで、伝統的な製本技術である和装本の作成をとおして、その成り立ちや見方、取り扱いについて学びます。

作成したオリジナル和装本はお土産にお持ち帰り頂きます。
ノートの種類、表紙の色、糸の色が自分で選べますよ!!

s-achi8.6mini2.jpg

体験授業「企業アーカイブを学ぼう」

企業のホームページや企業博物館のデジタルアーカイブ、社史等を通して、企業の特徴や広報の仕方について学びましょう。
企業アーカイブは今注目を集めています。
「広報活動」や「ブランド戦略」「社史編纂」などへの活用について知り、デジタルアーキビストの重要性を理解していただきます。

午後講座「司書+講座 学校図書館を想像×創造しよう~読みたい・学びたい・知りたいに応えるために~」

県立長野図書館・企画協力課(元長野県上田高等学校司書)の朝倉先生をお招きし、学校図書館の機能や司書教諭・学校司書の業務についてお話しいただきます。
具体的には「学校の図書館を思い出してみよう」「学校図書館の機能」「図書館のセンセイの一日」「これからの学校図書館」についてお聞きします。

講座に参加する高校生や本学学生自身が持っている学校図書館のイメージを確認した上で、学校図書館とは何か、学校図書館の職員はどのような仕事をしているのか、学校図書館は今後どのような方向に進むのか等について学習します。
学校図書館で行う「情報活用とデジタルアーカイブ」についても学びます。

7/29 オープンキャンパス

7月29日(日)のオープンキャンパスでは、図書館司書講座「図書館とデジタルアーカイブ」を開講します。

現在、多くの図書館ではデジタルアーカイブを構築、公開しています。
図書館のデジタルアーカイブにはそれぞれ個性があり、それによって使い勝手も変わっています。

体験授業では、図書館の様々なデジタルアーカイブを見て、
どの図書館のデジタルアーカイブが利用しやすいのか、
どこの図書館が美しく見やすいのか、
などを考えて、人気投票をとおして意見交換していきます。

また8月5日(日)の午後に、司書+講座も実施します。
「司書+デジタルアーキビスト」の役割や、デジタルアーカイブの重要性について知ることができます。
申し込み受付中ですので、ぜひご参加ください。
詳細はこちら 

ご参加をお待ちしております!

7/16 オープンキャンパス

7月16日(月・祝)のオープンキャンパスでは、
体験授業「【図書館司書講座】図書の分類を体験しよう!」を開催します。

図書館の本は分類番号順に並んでいます。
図書館の分類番号にはどのような意味があるのか、本はどのように分類するのかを学びます。
そして実際に本を使って、10分類に挑戦します!

図書館の資料には、主題に応じて分類番号が付与されています。
分類番号の数字にはどのような意味があるのかを学んで、司書のお仕事を体験していただきます。

IMG_1467.jpg

是非ご参加ください!