資料請求

新着情報

デジタルミュージアム実習レポート~オムライス編~

デジタルミュージアム実習をしました。
本実習のとき、教育実習等があり参加できなかったので、今日は一人での実習でした。
場所は文化情報研究センターのデジタルミュージアム(杉山ビル)です。

岐阜女子大学は、文部科学省の私立大学研究ブランディング事業というものに採択されていて、大学の特色であるデジタルアーカイブの活動をしています。
その一つに、大学のすべての学科専攻が取り組んでいる"地域連携活動"のデジタルアーカイブ化があります。
各学科専攻は、それぞれ、地域社会と触れ合い、学びあう活動を行っています。
しかし、このことを知らない人がたくさんいます。
そこで、本学独自に育んできたデジタルアーカイブを活用し、発信していこうという試みをしています。

午前中、デジタルアーカイブ化のために、撮影された画像データに、番号・タイトル・撮影日を入れて、データの統一をし、内容ごとに分類整理をしました。
そして、内容ごとに簡潔にまとめた説明を考えました。
調べてまとめる中で、私も地域のことについて触れることができ、早く完成版が見たいと感じました。

午後は、大学が所蔵する古文書の読解をしました。
古文書のくずし字は、すらすらとは読めません。
中には今では使わない旧字体なども出てきます。

DSC00044.jpg

わからない文字はくずし字字典を使って一つ一つ調べました。 なかなか似た形が見つからず苦労はしますが、見つけた時の喜びは大きく感じます。

午後はどっぷりその楽しさにはまってしまい、気付いたらあっという間に時間が過ぎていました。

(オムライス/実習生)