資料請求

新着情報

企業が学生に求める力をつける

「高等教育に関するアンケート結果」(一般社団法人日本経済団体連合会、2018.4.17)では、産業界が大学等卒業時に学生が身に付けていることを特に期待する素質・能力、知識として、文系・理系学生ともに、「主体性」、「実行力」、「課題設定・解決能力」が上位と報告されています。学生の卒業研究の取り組みは、これらすべてを使うことになります。

卒業研究は、大学で学んできた授業や実習、演習での知識、経験を活かして、自らが設定した課題解決に取り組みます。
学生たちは、大学で、自宅で、図書館や博物館で、あるいは、それぞれのフィールドで、資料調査や分析、研究を行っています。

さて、10月中旬のある日、アーカイブ専修(デジタルアーカイブ専攻)の卒業研究中間発表会が行われました。
4年生たちは、それぞれが持つ研究課題について、後輩、先生の前で発表し、自らが設定した研究課題に対し、4年間の学びを軸に課題解決に向かって取り組んでいる様子が見受けられました。

企業が求める「主体性」の定義は様々ではあると思いますが、学生たちの卒業研究の取り組みでも一部は養われるものであると感じます。

4年生は、今後、研究課題について卒業論文をまとめ、最終発表にのぞみます。

大学での学びの集大成として頑張れ!

photo.jpg