資料請求

新着情報

デジタルミュージアム実習レポート~ネギキツネウドン編~

デジタルミュージアム実習4日目です。
前回に引き続き、文化情報研究センターのデジタルミュージアムにて実習を行いました。

午前は2種類の静止画撮影体験を行いました。
魚眼レンズを用いた360°撮影と、ストロボ照明を用いたストロボ撮影です。
360°撮影は、魚眼レンズを用いたカメラによって撮影します。
撮影の中心となる場所にレンズが位置するように、三脚の雲台(カメラをセットする部分)をパノラマ撮影用の物に変更して行いました。

IMG_0201.jpg

360°撮影画像は、景色や周囲の雰囲気を体験するのに最適です。
例えば、博物館の展示を撮影し、公開すれば、展示の様子を360°からみることが出来るので、過去にどのような展示が行われていたのかが訪れていない人でもわかりやすくなると思います。

ストロボ撮影は、撮影対象にストロボ照明をあてることで、はっきりとした写真を撮ることができます。
露出計で被写体に当たる光の量を測定し、撮影に最適な絞りとシャッタースピードを算出して撮影しました。

IMG_0216.jpg

実際にストロボ撮影を行いましたが、ストロボ照明は一瞬しか点灯しません。
シャッターを押した瞬間にパッと光ってカメラにはくっきりと写真が撮れているという状況はなかなかおもしろいものでした。

午後は角背上製本の製本実習を行いました。
製本は、資料を本の形としてまとめる、ワークショップイベントのテーマとして用いられているそうです。
角背上製本とは、いわゆる背表紙の部分が平らなハードカバーの本です。
背表紙が丸みを帯びているものは丸背と言われます。
今回はムセン綴じでホローバックという形式で作りました。
糸などではなく糊を用い、背表紙の内側と本文部分が接着していないものです。
材料は表紙、本文、見返し、花布、背紙、栞紐、表紙と背に用いる厚紙、寒冷紗でした。
厚紙や表紙、本文は最適なサイズにカットして使いましたが、カットする際は全員が真剣な面持ちで厚紙にカッターを入れていました。

IMG_0222.jpg

じっくりと本文や厚紙のサイズを調整したりしたために、それなりの時間はかかりましたが、皆満足できる仕上がりとなったようです。

IMG_0225.jpg

作った本は数日重い物で上から押さえ、しっかり乾燥したら完成です。
本文は白い紙なので、今から何に使おうかと考え中です。
4日目もお疲れ様でした。次は企業博物館の見学です、楽しみですね。

(ネギキツネウドン/実習生)