資料請求

大学院からのお知らせ

中間発表を行いました②

12月1日(日)に開催された「第26回 教育資料研究会~新たな学びに関する研究Ⅶ~」
で本学の院生(通学生・通信制)11名と研究生1名が研究発表を行いました。

今回は3会場をZOOMを活用して結び開催をいたしました。
・富山大学
・岐阜女子大学 文化情報研究センター
・岐阜女子大学 沖縄サテライト校

【院生・研究生の研究タイトル(抜粋)】
・ベビーサイン育児が母親の育児不安感や育児幸福感に与える影響
・絵本の読み聞かせによる幼児の興味を示した行動に関する研究Ⅱ
   ~4つの背景画面の違いに着目して~
・反復学習と個別指導による小学4年生「都道府県の学習」の定着とその効果
・フラッシュ型動画教材を用いた学習による漢字の定着に関する研究
   ~小学校の低学年の児童への実践をとおして~
・日本で学ぶ外国籍児童に向けたデジタル教材の開発と小学校での活用に関する研究

<研究発表の様子>

今回の研究会では、富山大学院生の研究発表も多数ありました。
お互いに質疑応答をし、とても良い刺激になりました。
富山大学の院生の皆様、ありがとうございました。


他大学の教授、教育関係者・企業の方も本学院生へのご意見・ご指導ありがとうございました。
皆様からいただいたご意見・ご指摘は、今後の研究に活かしていきたいと思います。