資料請求

大学院からのお知らせ

修士論文発表会を行いました

2月13日(水)と2月16日(土)に文化創造学研究科の
修士論文発表会を実施しました。

27名の院生が3月の修了を目指して口頭試問に臨みました。
発表時間は15分、その後は先生方からの質疑応答がありました。

研究テーマ(抜粋)
・観光資源としての長良川鵜飼の言説~英語版旅行ガイドブックに注目して~
・榊莫山のその書の魅力と独自の書表現とはなにか
・博物館等文化施設のデジタル化・多言語対応による情報発信強化
・思考力を高めるための学習プロセスの反応分析に関する研究
 ~レスポンスアナライザーを活用した発問応答の時系列分析~
・戦中・戦後の学校教育の実態に関する研究~鳩間島出身者の手記・オーラルヒストリーを中心に~
・地域文化のデジタルアーカイブに関する研究~エイサーの起源と関連人物の教材開発を通して~
・幼児が興味を示す行動の分析手法の開発~絵本の読み聞かせにおける背景色の違いを例にして~
・特別の教科「道徳」で情報モラルに関する題材を扱う授業と扱わない授業との比較

【岐阜会場の様子】
IMG_三輪.jpg 池上.jpg
堀.jpg 中谷.jpg
【沖縄会場の様子】
2019.02.16_修論最終試験 (1).jpg 2019.02.16_修論最終試験 (3).jpg

働きながらの研究活動、お疲れ様でした。
大学院修了で研究を終えるのではなく、今後も研究活動を続けて頂きたいと思います。