資料請求

農業研究会活動

充実したかかしづくり

今回は,稲作研究会活動の「かかし班」の活動の様子をお伝えします。

昨年に引き続き、三輪南小学校でのかかしづくり講座に参加させていただきました。かかし班として、今年初めてのかかしづくりでした。

かかしに込められた"思い"についてのレクチャーをし、子どもたちにもかかし本来の意味を伝えました。その意味が子ども達に伝わり,知ってもらえたのかなと思います。

かかしづくりの活動では、実際に子どもたちや保護者の方々、地域の方々と触れ合い、一緒に楽しんでかかしづくりを行うことができました。このように一緒になって楽しくつくることができたことや,この機会をつくっていただいたことに、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

IMG_1947.jpg  IMG_1961.jpg 

    <かかしづくりの様子1>                <かかしづくりの様子2>        

IMG_1963.jpg

        <かかしづくりの様子3>

この気持ちを忘れずにこれからの活動に励んでいきたいです。

稲作研究会活動 かかし班

田植え!!!

稲作研究会です。

5月21日(土)に稲作活動のメインである田植えを行いました。近頃は、田植えを行う際に機械を使う農家の方が多いですが、私たちはすべて手作業で行いました。

いざ田植え!

苗は手に持ち,準備完了!

1464005430316.jpg

      <苗の準備完了>

代掻きをしてきれいに均された田んぼの中へ!ぶすぶすぶすぶす・・・・・・・足が土に埋まっていきます。歩きづらい田んぼの中。その中を、自分の足跡を消すために後退しながら進みました。後退しながら進むことはとても大変でした。中には、足が抜けなくなってしまった学生や全身泥まみれになってしまった学生もいました。

1464005306812.jpg 1464005241701.jpg

      <田植え1>                             <田植え2>

1464005436062.jpg

     <田植えの様子3>

しかし、田植えをしている学生はみんな楽しそうでした。今回もたくさんの学生が活動に参加してくれたからだと思います。たくさんの人数が集まれば、どんなに大変な作業でも楽しくなるということが分かりました。

そしてこの日、ついに岐女米田に看板が立ちました。今年の看板もとても素晴らしいものとなっています。

1464187192705.jpg 1464187189006.jpg

      <充実した田植え>                     <岐女米田の看板と>

代掻きとサツマイモの苗植え!

こんにちは。稲作研究会です。

5月14日に代掻きを行いました。4月23日の播種から間が空き、久しぶりの活動でしたが、今回もたくさんの学生が参加して、楽しく活動ができました。

代掻きは、田起こしが終わった田んぼに水を張って、土をさらに細かく砕き、丁寧に搔き混ぜて、土の表面を平らにする作業です。この作業で私たちは、今年初めて水を入れた田んぼに入りました。とても歩きづらく、土の表面を平らにすることが難しかったです。

1463227339773.jpg  1463213792039.jpg

       <代掻きの様子>                                    <代掻きの成果>

また、私たちは稲作と同時に、畑作の活動も行っています。この日はその活動として、サツマイモの苗植えを行いました。植えた苗に向かって「大きくなってね~」と言いながら、水やりをしました。みんなの思いがきっと苗に伝わり、これから元気よく育っていくと思います。もちろん,そのための世話は欠かさず行います。

1463227305883.jpg  P_20160514_095505_HDR.jpg

        <サツマイモの苗植え>                <愛情いっぱいの水やり>              

いよいよ次は田植えを行います!いい天気になってくれたら嬉しいです。

                                   稲作研究会

稲作研究会:種蒔と看板作り!

こんにちは!稲作研究会広報班です!!4月23日に播種という作業を行いました。朝は雨が降らないか心配なくらいの曇り空でしたが、だんだん晴れてきて稲作日和という日になりました。

さて、今回行った播種とは種籾を蒔く作業です。蒔いた種籾は成長すると苗になります!田植えに向けて立派な苗が育つように、みんなで見守っていきます!!

またこの日、J作班は岐女米田の看板作りを行いました。とっても素敵な看板に出来上がり,立てることが待ち遠しいです!

HP①syashin1.jpg

       <J作班 看板作り>

HP①syashin2.jpg

       <播種の様子①>

HP①syashin3.jpg

        <播種の様子②> 黄色く見えるのが種籾です。

HP①syashin4.jpg

       <播種の様子③> 種もみを蒔いてから,土で覆います。

  by:稲作研究会活動 広報班

今年度の稲作研究会活動,本格始動!

初等教育学専攻の伝統を受け継いだ活動,稲作研究会活動が今年度も本格的に始動しました!

3年生の新幹部を中心に,既に今年(2016年)に入ってから活動の準備を進めてきていました。

その準備を受け,4月7日に,稲作研究会活動に取り組む,初等教育学専攻の2・3年生全員が集まり,

今年度第1回目の稲作研究会活動全体会を実施しました。

全体会では,稲作研究会活動の意義や大切にしたいこと,そして,各役割からの年間の計画などが

伝えられました。

inasakuzenntaikai1s.jpg

     <稲作研究会活動第1回全体会>

4月16日(土)には,種子消毒と荒起こしを行いました。種子消毒は,丈夫な苗を育てるために必要な

作業です。種籾を消毒しながら水に浸す(浸種)を行います。これにより,発芽が進みます。待つこと

1週間,本日4月23日(土)に発芽した種を蒔く作業を行いました。

同時に,本日蒔いた種が生長したあかつきに必要となる,田んぼの準備も進めています。

田んぼを苗を植えてもよい状態にする第一弾,荒起こしを16日にしました。

araokoshis.jpg  araokoshi2s.jpg

         <荒起こしの説明>                    <鍬の使い方の説明>

araokoshi3s.jpg  araokoshi4.jpg

       <荒起こし1>                         <荒起こし2>

hasyu1s.jpg

         <種蒔き>

私たち稲作研究会活動のモットーには,お米を育てるために,手と愛情をかけることがあります。

そのため,作業は手作業。もちろん荒起こしも。鍬を使って,自分たちの手で田を起こしました。

岐阜女子大学稲作研究会活動は,農繁期に入りました。今年も岐女米田で多くの実りがあるよう,

これからも活動を続けていきます!