資料請求

新着情報

身近にある道具を使って【脱穀と籾摺り】を実施!そして,収穫祭へ!

10月19日(金)
今回の農業研究会の活動では、機械を使わず全ての活動を手作業でやってきました。そこで,初等教育学専攻の1年生から3年生で、身近にある道具を使って【脱穀と籾摺り】を行いました。

脱穀...稲の穀粒を穂から取り外す作業
籾摺り...籾から籾殻を取り除いて玄米にする作業

将来自分たちが教員になったときに、インターネットや書籍の知識だけに頼るのではなく、身近にある道具で脱穀や籾摺りをする方法は何が良いのか実体験から得た知識で、子どもたちに伝えられるようにすることがねらいです。
機械でするとあっという間に終わる行程が、手作業で行うと2時間かけても僅かな玄米にすることしか出来ませんでした。普段私たちが口にしているお米は、ひと口を頬張るためにこれだけの時間がかかるのだと分かりました。活動中は何が最善の方法なのか試行錯誤して効率よく作業をするためのやりとりをする姿や、楽しく会話をする姿が見られました。

脱穀は、牛乳パック・割り箸・プラスチックの透明コップの3種類の脱穀方法を行いました。籾摺りでは、すり鉢に籾を入れボールやすりこぎ棒で籾殻をとりました。

<活動をした学生の感想>
・籾摺りがとても時間がかかり、大変でした。籾殻と玄米を摺って分けるときに、最初は上手く出来ませんでしたが活動をしていくうちに、摺る人と籾殻を分ける人に役割分担をして効率よく作業が出来るように工夫をすることができました。(学校教育2年 加藤 晴美)
・脱穀で3種類の方法を試しましたが、私は割り箸とコップがやりやすかったです。牛乳パックでは茎までとれてしまい、穀粒にすることが出来ませんでした。実体験を通して自分なりのやりやすい脱穀方法を見つけることが出来ました。(子ども発達 1年 金城詞音)

これまで行ってきたことを11/10(土)に収穫祭として,大学祭「さぎ草祭」の中で,ブースを設けて(体育館横)発表します。そして,収穫・籾摺りと脱穀をしたお米で餅つきもします!

農業研究会・広報

dakkoku_momisuri6.jpegdakkoku_momisuri3.jpegdakkoku_momisuri2.jpegdakkoku_momisuri4.jpgdakkoku_momisuri1.jpegdakkoku_momisuri5.jpg