資料請求

新着情報

「音の不思議」を小学生に実感させるためには?

7月1日のオープンキャンパスでは,理科の担当教員と学生による体験授業「音の秘密」を行いました。

「音の不思議」を小学生に実感させるために、観察、実験を通して、

物から音が出たり伝わったりするとき物は震えていることを理解させる指導法について学びました。

DSC_1241.JPGDSC_1266.JPG

教員を目指している4名の学生が説明をし,その後実際に「糸電話」や「風船電話」「ストロー笛」を製作し,実験を行いました。

今回,授業をした学生は,4月に入学した入学したばかりの大学1年生でしたが,参加した高校生を前に堂々とわかりやすく説明する姿がありました。

DSC_1272.JPGDSC08159.JPG

<糸電話を製作したり,完成した風船電話で音が伝達をすることを確かめる実験の様子>

小中学校では、「わかる授業」「楽しい授業」が求められています。

岐阜女子大学では、1年生から、「わかる授業」「楽しい授業」ができるように学習をしています。

今日は、小学校の授業を取り上げましたが、保育園・幼稚園での指導や中学校・高等学校の指導の勉強もしています。

丁寧に教えてもらえるので、最初は自信がなくても、自信をもって授業ができるようになります。

次回の7月16日(月・祝)オープンキャンパスの初等教育学専攻体験授業は,

「岐阜の地理と栽培品目」開拓の歴史

~おいしいぶどう作りの秘密をさぐろう!です。

来学をお待ちしています♪