紙しばいコンテスト

紙しばいコンテストの表彰式を行いました。

秋晴れが心地よい10/15(土)に、「第2回 紙しばいコンテスト」の表彰式を行いました。
入選された9名(8作品)と保護者や引率の先生方にご出席いただき、素敵な表彰式を行うことができました。
入選された皆様、おめでとうございます!
入選された方のお名前と作品名は以下の通りです。


【優秀賞】
 大垣桜高校 :神原朱香(かんばらあやか)さん   「なんでもたべるぞ」
 岐阜城北高校:金森涼華(かなもりすずか)さん   「ひよこちゃんのままは?」

【入賞】
 大垣桜高校 :加藤彩里(かとうさいり)さん     「ひみつのおふろ」
 大垣桜高校 :杉山美咲(すぎやまみさき)さん   「おかたづけしないと?」
 東濃実業高校:石橋陽奈(いしばしひな)さん     「ひでくんとピーマン」 

【奨励賞】
 大垣桜高校 :傍島紗也夏(そばじまさやか)さん  「ちきゅうのおいしゃさん」
 岐阜城北高校:三嶋水響(みしまみずき)さん     「まるさんかくしかく」
 東濃実業高校:生田莉子(いくたりこ)さん      「ちょうちょさんのごあんない」
 東濃実業高校:臼井菜那(うすいなな)さん      「ひつじのぼうけん」
 美濃加茂高校:田畑朋子(たばたともこ)さん     「ハッピーハロウィン」
        村井琴野(むらいことの)さん

紙芝居の読み聞かせに行ってきました!&進学相談会のご案内

先日、「第2回 紙しばいコンテスト」に応募していただいた作品を持って、保育園に読み聞かせに行きました。
応募作品の中から一次審査を経て選ばれた5作品を、年長児(5歳児)クラスで読み聞かせしました(二次審査も兼ねています)。

読み聞かせを行ったのは、子ども発達専修の4年生3名です。
皆、各自治体の採用試験に合格し、4月からは幼稚園教諭・保育士として勤めます。
そのため、実践力を高める場となりました。

3名は、これまで培ってきた読み聞かせの技能を発揮してくれました。
子どもの視線を自分に向けさせたり、お話に引き込むように読んだりする姿は、さすが4年生!と思いました。
サポートとして同行した3年生は、そんな4年生の姿から気づいたことを一生懸命メモしていました。
この学ぶ姿勢が素敵です!

二次審査としては保育士の方にも評価していただき、すべての結果をもとに学内の選考委員会にて最終的な賞を決定します。
表彰式は10/15(土)です。受賞者の方には今後、詳細についてご連絡します。

10/15(土)、16(日)は学園祭「さぎ草祭」&進学相談会です。
15日(土)14:00~15:00 紙芝居づくりの体験講座も行います。実際の保育現場で、子ども達向けに行った紙芝居づくりを体験してもらいます。
ぜひ、お越しください!!


kamisibai1.jpg
   <読み聞かせの様子>

kamisibai2.jpg
<読み聞かせの合間には、手遊びも>

kamisibai3.jpg
<終了後、紙芝居に集まる子ども達>

紙しばいコンテスト&6/19オープンキャンパスのご案内

6月に入りました。今回は、2つのご案内をしたいと思います。


1つ目は、「第2回紙しばいコンテスト」についてです!
IMG_7025_2.jpg
<応募作品を子どもたちの前で読み聞かせ(二次審査)>

幼稚園や保育所で親しまれている紙芝居。
読み聞かせるだけではなく、紙芝居を作成してみませんか?
高校生の皆さんの感性を活かした、子ども達に楽しんでもらえるような作品をお待ちしております。
昨年度、県内外多くの方からご応募いただきました。今年度もたくさんの作品に出合えることを楽しみにしています。
詳しくは下記PDFをご覧ください。
岐阜女子大学紙しばいコンテストチラシ.pdf



2つ目は、6/19(日)開催のオープンキャンパスについてです!

ミニイベントとして「牛乳パックを使ってルービックキューブを作ろう」、体験授業として「学校生活に役立つ心理学を探究しよう!」を開催します。

牛乳パックは、幼稚園や保育所でも制作遊びの材料や収納ケース等としてたくさん使われています。
いろいろなものに変身する牛乳パックからルービックキューブをどのようにして作るのか??
ぜひ体験してみてください。

授業では、皆さんにも作業をしてもらいつつ、心理学の教員がわかりやすく解説します。
心理学を勉強すると普段の生活にも役立つんだ、ということを体験してもらえればと思います。

皆さんのご来場、お待ちしております!!

紙しばいコンテスト  岐阜女子大学 初等教育学専攻 主催

【目的】
保育現場である幼稚園や保育所では様々な内容の「紙しばい」を用意し、子どもたちに読んで聞かせることを通して、人として豊かに生きる心の原点を培っています。幼い頃の楽しい思い出の一つとして「紙しばい」を覚えている人はきっと多いことでしょう。
そこで初等教育学専攻では、高校生の皆さんの「紙しばい」への関心を高め、制作を通して子どもの心を豊かにする「紙しばい」の素晴らしさを感じ取ってもらうことを目的に「紙しばいコンテスト」を開催します。子どもたちがうれしい気持ち、楽しい気持ちでいっぱいになるような作品の応募をお待ちしています。

【応募資格】 高校生
【募集内容】
手作りの紙しばい作品を次の内容で募集します。
就学前(6歳以下)の子どもを対象としたオリジナルの未発表作品であること。
題材・テーマは自由。1作品15分以内。
用紙サイズは縦約27㎝×横約39㎝程度。画用紙くらいの厚紙(八つ切り画用紙)推奨。枚数は8~12枚。
大型・立体(仕掛け)・CG作品は不可(貼り絵は可)。
※色鉛筆、ボール・ペンなどの画材の使用はご遠慮ください。
紙芝居の1枚目を表紙とし、表紙には絵の他にタイトルと作者名(ペンネーム可)を入れる。
作者名は、「文 △△△、絵 △△△」と書く。脚本は一場面ごとに一枚ずつ遅れて裏に書く。
ただし縦書きにする。絵と文それぞれに通し番号を振る。
応募点数に制限は設けないが、入賞については一人1点とする。
【募集期間】 平成27年6月1日(月)~8月31日(月)必着
【出品料】 無料(出品に当たっての送料は応募者負担)
【審査】 《第1次》
平成27年9月上旬 応募された作品から審査委員会で10点選出
《第2次》
平成27年9月中旬 幼稚園における読み聞かせ等を行った上で、
審査委員会及び大学関係者にて最終選考
【表彰式等】 平成27年10月17日(土)  
表彰式後、大学祭にて子どもたちに入賞作品の読み聞かせを行う
【賞】 大賞1点、優秀賞2点、入賞5点、特別賞数点
【応募先・問い合わせ先】
E-mail: shoto@gijodai.ac.jp  「紙しばいコンテスト」事務局 担当者:位田・松本


ちらしはこちら

  • 1