伝統文化裁縫コンテスト

伝統文化裁縫コンテスト 表彰式をおこないました

さぎ草祭期間中(10月15日土曜日)に第4回伝統文化裁縫コンテストの表彰式をおこないました。
1つの作品を最後まで作り上げることは、
そんなに簡単にできることではありません。
授業が終わってから、部活が終わってから、夏休み
忙しい合間を上手く使って、学び、考え、試行錯誤を繰り返しs-DSC_0957.jpg
自分の手を動かして作品をつくって応募してくださった
中学・高校生のみなさん、
ありがとうございました。

この日、その中でも特に優秀な作品の表彰がおこなわれました。
すばらしい経験になったことと思います。

審査員の先生方からとても素敵なお話も聞けましたね。s-DSC_0971.jpg

そのあと、作品展示会場で、
製作者がぞれぞれほかの作品を見て、質問し合っていました。
さらにアイデアがふくらんだ事と思います。

今後に期待しています。



第4回 伝統文化裁縫コンテスト 2次審査

本日、伝統文化裁縫コンテストの衣服製作部門2次審査とアイデア作品部門の審査会が行われました。

審査員の先生方は、どんな作品が届いているのか楽しみにされていました。
デザイン画とコンセプトとできあがった作品を照らし合わせ、
様々な技法が駆使された作品のデザイン、素材、バランス、縫製の美しさ、巧みさs-DSC_0777.jpgなど
細かなところまで丁寧に確認され採点してくださいました。

作り上げた人にしか味わえない感覚、努力した人にしか与えられない力、
作品応募した人にはきっとすばらしいものが身についたのですね。

審査の結果は各高校・中学校に発送いたします。

本日審査対象となった作品を大学祭で展示いたします。
さぎ草祭期間中10月15・16日(土・日)
岐阜女子大学内 新4号館1階

ぜひご覧ください。

第4回 伝統文化裁縫コンテスト 1次審査

第4回 伝統文化裁縫コンテスト 衣服作品部門の1次審査をおこないました。

審査員の先生方には朝からお集まりいただき、
20作品が1次審査を通過しました。

長いテーブルに並べられたデザイン画を
ひとつひとつ採点していただきました。

きれいに描かれたデザイン画が目を引きます。s-image2.jpg
しかし、伝統文化裁縫コンテストの趣旨に合っているか
コンセプトを読みながらの審査です。

どんな技法を使って作品ができてくるのだろう?
このデザインはどのように製作するのだろう?
どんな素材を使うのだろう?
たくさんの期待も含みながらの採点です。

審査をしながら多くの意見交換もありs-image11.jpg
見ている私たちも勉強になります。

1次審査の結果は本日発送いたします。

2次審査締め切りは9月28日です。
素敵な作品が届くのを楽しみにしています。

第4回伝統文化裁縫コンテスト

今年も岐阜女子大学生活科学専攻では伝統文化裁縫コンテストを開催します!


ものづくりが好き 服を作ってみたい 伝統文化に興味がある
縫うことが好き 将来家庭科の先生になりたい

そんな中学生・高校生のみなさんはぜひチャレンジしてください。
今年はあなたの作品を待っています。

服を仕上げる自信がないひとは
「アイデア作品部門」に応募してみましょう!

たくさんの作品を楽しみにしています!

♪伝統文化裁縫コンテスト応募詳細はこちら♪



伝統文化裁縫コンテスト 表彰式

10月17日〈土〉に伝統文化裁縫コンテストの表彰式が行われました。
衣服作品部門とアイデア作品部門それぞれの部門の受賞者に賞状が贈られました。s-DSC_0289.jpg

とても長い時間を費やし製作された作品が多く見られました。
審査員からは、ひとつの作品を作り上げた経験は一生消えることがない力となる。
作った人にしか与えられないすばらしいものだとお話がありました。

出品してくださった中学生、高校生のみなさんが
伝統文化を大切に感じ、その知識や技術を身につける機会になればうれしいです。

s-DSC_0299.jpg