家庭、保健

講義番号 6
講義テーマ 食品添加物が使用されるわけ
講義内容

食品添加物と聞くと大変不安に感じる人が多いと思います。いろいろなメディアでその危険性が取り上げられていますし、一方で食品添加物に対する不安を背景に「無添加」と表示された食品がたくさん販売されています。そんなに嫌われものなのに、なぜ食品添加物は使用されるのでしょうか。食品添加物のいろいろな役割について簡単な実験を交えながら説明します。

担当 健康栄養学科 臼井 宗一
ご用意頂く備品 プロジェクター・スクリーン(講義用パソコンは持参します)
講義番号 7
講義テーマ 時間栄養学からみた朝ごはんの大切さ
講義内容

時間がない、食欲がないからといって簡単にすませてしまいがちな朝食。どうして朝食が必要なのかを、よく理解することが大切です。この講義では、時間栄養学からみた朝ごはんの大切さを説明するとともに栄養バランスの良い献立作成のポイント、本学で開催している高校生「朝ごはん」コンテストの優秀作品の中から手軽な朝ごはんを紹介します。

担当 健康栄養学科 舘 和彦
ご用意頂く備品 プロジェクター・スクリーン(講義用パソコンは持参します)
講義番号 8
講義テーマ 病気と食べ物は関係ある。ほんと?
講義内容

食べる時どんな気持ちで食べますか?「好きだから」「お腹がすいたから」考えてみたら無責任ですね。嫌いなものは不足している栄養素かも。毎日の・・・が10年後には病気を作っているかもしれません。

担当 健康栄養学科 水野 幸子
ご用意頂く備品 プロジェクター・スクリーン(講義用パソコンは持参します)