新着情報

「信長公450記念事業」冊子が完成しました!

皆さん、今年2017年は岐阜にとって重要な年ですが、何の年かご存知ですか?

実は、2017年は織田信長が岐阜城に入城し、この地を岐阜と名付けてから450年の年です。

岐阜女子大学では、岐阜市と連携協定を結び「信長公450記念事業」を盛り上げるためのPR活動に取り組んでいます。そして今回、信長公ゆかりの地や食べ物、文化等を調べ、一冊のブランドブックとしてまとめました。

信長公と岐阜市の魅力をどう伝えれば良いのか、学生目線のブランドブックを作り上げるためには何度も議論を重ねました。その結果、キーワードを天下布武・おもてなし・楽市楽座とし、今でも岐阜市内の随所で感じられる「信長公の魅力」を多く掲載することが出来ました。

この本は「信長公は今も岐阜にいる」ことが伝わる冊子として、岐阜県内外様々な場所に置かれ、信長ファンの獲得に繋がっています。

arase_mini.jpgNobunaga_Biyori.jpg