新着情報

春休み 製菓衛生師の実習が行われています

 本学には、製菓衛生師のダブルスクール制度があります。製菓衛生師の資格取得を目指す学生は、1年生秋ごろに、京都にある製菓衛生師の専門学校に入学します。2年間、スマホやパソコンなどを使ったe-learningで通信教育を受けるとともに、長期休みの2週間/年を使って、講義ならびに洋菓子、和菓子、パンなどを作る実習を受講します。本学の実習室に専門学校の講師が来校して授業が行われますので、本学にいながら製菓衛生師の資格を取得することができます。

 専門学校に入学するためには、2年間で25万円(教材費なども含む)と費用はかかりますが、お菓子作りに興味がある学生や、将来食品企業を目指す学生が、製菓の知識を増やし、技能を磨くために入学しています。講義内容は、管理栄養士の勉強の復習となる科目が多いので、勉強になると卒業生は話していました。管理栄養士と製菓衛生師の両方の資格を取得できる大学は少ないので、このダブルスクール制度はとても魅力的です。