新着情報

『公衆栄養活動論実習』について紹介します

『公衆栄養活動論実習』は、管理栄養士課程カリキュラムの中にあり、3年生後期の授業です。

授業内容は、「公衆栄養学」や「公衆栄養活動論」で学んだことを基に、地域の人々の健康増進や疾病予防などについて、行政の取り組みを学び、保健事業などの計画を立案・実施する具体的な方法について考え・学ぶ授業です。

学生たちはグループワークを中心として、関心がある市町村の統計データや地域の特性などの情報を収集・分析し、地域アセスメントした結果から地域の健康課題を抽出します。さらに、公衆栄養マネジメントに則り目標の設定、事業計画書の作成、実施内容、評価方法など、行政の管理栄養士としての公衆栄養活動の具体的な実践方法を習得します。

また、プレゼンテーションとして、自分たちが考えた事業計画案を人にわかりやすく伝えることの重要性も学びます。