年間スケジュール

アーカイブ専修の4年間

1年生

大学や社会で必要な情報処理能力を身につけます。国語能力、レポートの書き方、パソコンを使った情報処理などです。また一眼レフカメラやビデオカメラの使い方、パソコン編集などマルチメディアの基礎を勉強します。各資格の概要を学び、自分がどの進路に行くかを見極めます。

情報処理の授業 マルチメディアの演習

2年生

大学生活にも慣れ、勉強が本格的になってきます。特にアーカイブ専修では、多視点撮影などの特殊な撮影方法を実践し、専門的なデジタル資料収集の方法を学びます。また、図書館司書や博物館学芸員などの資格に関わる専門的な科目が増えてきます。

書道大字の多視点撮影

3年生

ほぼすべての講義が少人数講義となり、より実践的になります。卒業研究の前準備としてゼミに配属されます。博物館実習など資格取得のための現地実習にも行きます。みんなでデジタルアーカイブコンクールシンポジウムを企画・運営し、実践力も養います。

博物館見学実習 現地実習

4年生

3年間で学んだすべてをかけて、卒業研究就職活動を行います。また海外デジタルアーカイブ研修にも参加できます。大学院進学を考える人は、大学院早期履修制度を利用し、大学院の授業を1年間前倒しで受講できます。大学院・文化創造学研究科では、上級デジタルアーキビストも取得できます。

卒業研究(インタビュー) 卒業論文発表会