コースの特色と学びのポイント

コースの特色

デジタルアーキビストコース・・・デジタルアーカイブのスペシャリスト

地域や学校・企業が持っている文化資源・教育資料・知的財産や社史を、デジタルアーカイブするために欠かせない資格・専門職です。デジタルアーカイブは、地方自治体の地方創生、教育・企業の発展、防災などに繋がります。デジタル化の技術だけでなく、情報を選定する能力や著作権などの対応、国内外に発信する力が必要です。

詳細はこちら

アーカイブ01.jpg

図書館司書コース・・・図書館で働く、本のスペシャリスト

今、図書館そのものが社会の変化によって大きく変わろうとしています。デジタル化による地域資料の保存と活用は、図書館の主要な業務になりつつあります。本学で、図書館司書とデジタル・アーキビストの学修をすることにより、図書館資料をデジタルアーカイブ化する能力を持つ新しい時代の図書館司書として活躍ができます。

詳細はこちら

図書館01.jpg

博物館学芸員コース・・・博物館で働く、文化財のスペシャリスト

授業「博物館とデジタルアーカイブ」を開講し、今の博物館で必要なデジタルアーカイブに関する企画・開発・運用ができる学修を行っています。博物館学芸員とデジタル・アーキビストの学修をすることで、実物資料だけでなく、デジタル資料の取り扱いと、展示やウェブサイトでの活用ができる博物館学芸員として活躍ができます。

詳細はこちら

博物館01.jpg

学びのポイント

デジタルアーカイブを専門的に学び、
図書館司書博物館学芸員資格を組み合わせて取得できる
日本で唯一の専攻です。

「デジタルアーカイブ」は、過去や現在の価値ある資料を役立てるために、映像や音声、テキスト、図形等をデジタルデータとして案内情報〔メタデータ〕をつけて保存・伝承し、国内・世界の利用者に発信し、資料の提示や知的生産に利用できる知識基盤社会を構成します。今後、地域創生、観光、教育、産業、防災等に広く活用できます。

Point 1:デジタルアーカイブに必要な力をつけます

資料の歴史的・文化的背景を知る力

各資料の文化的価値を判断し、選定・保存する力が求められます。そして地域の人へのインタビュー等、文化活動を支援できる能力が必要です。

資料を正確に収集・記録し、伝える力

舞であれば、所作が全て見える多方向からの撮影記録や映像・文書・音声等で情報を正しく管理して流通できる力などが求められます。

国内外で共通利用できる資料をまとめる力

各資料が社内、館内、県内、国内、海外で利活用できるためには、共通に検索でき、正しく活用(著作権等)できる案内(メタデータ)を付ける力が必要です。

Point 2 :教室を飛び出し、現地で実践力を学びます

岐阜高山や、白川郷五箇山、北海道、奈良、沖縄など各地の世界遺産などに拠点をおいてフィールド・ワークを行い、冊子やWebサイトの作成演習や活用について学びます。「沖縄おぅらい」は、冊子とWebサイトの連携による提供により、毎年一万数千人の人々が活用しています。また「飛騨おぅらい」では、日本語のほかに英語、タイ語でも、資料を提供しています。
岐阜女子大学には、北海道から沖縄までの多様な地域の協力があり、十数万件の観光映像などの情報があります。観光資源の情報それらの背景にある歴史や自然を探り、どのように活かしてきたのかを学びます。

Point 3 :充実した資格取得のためのカリキュラム

デジタルアーキビスト、図書館司書、博物館学芸員、上級情報処理士の資格に必要な単位を卒業単位を取得しながら、無理なく取得することができます。
また、デジタル・アーキビスト資格と併せて取得することで、近年、業界で求められている、情報処理能力を併せ持つ学芸員、図書館司書として活躍の場が広がります。資格取得はもちろん、採用試験も視野にいれた学習を行います。

Point 4 :最新のデジタル機器を使った実習

最新のデジタルハイビジョンカメラでの撮影やビデオ編集、最新のパソコンを使った画像処理、プロ仕様の機材を使ったマルチメディア実習を行います。
実習をとおし、基本的なデジタルの知識、社会生活で必要なパソコンの基本知識などはしっかり身につきます。
大型のドローンを使った撮影や、全天球カメラで撮影・編集も行います。

編入学制度と大学院授業科目履修制度

3年次編入学制度 学部2年(+大学院)

本学では、短期大学、高等専門学校、専門学校を卒業された者又は卒業見込みの者などを対象とする3年次編入学制度を設けています。
本学が文部科学省の現代GP(現代的教育ニーズ取組支援プログラム)に「デジタル・アーキビストの養成」が選定されたことに伴うデジタル・アーキビスト資格、あるいは教員、博物館学芸員、図書館司書など各種の資格を取得させ、博物館、図書館、公文書館、学校、企業、メディアなど、広い分野で文化活動を支える人材の養成を推進しています。
そこで、本学部において、3年次編入学生が資格を取得するための、授業科目を用意しました。
しかし、3年次編入学生の場合には在学期間が2年という制約もあり、希望する資格を取得することが難しい場合がありますので、大学院文化創造学研究科への進学・修了に対する取組みも行っています。

大学院授業科目履修制度(学部4年+大学院1年)

岐阜女子大学大学院に入学を希望する大学の4年次に在学する者に対して、大学院の授業を早期に履修する機会を提供する制度です。
3年次終了時において卒業必修科目の単位を105単位以上修得し,優れた成績を上げていると認められると、4年次に大学院の単位を10単位まで早期履修することができます。これにより大学院は1年間、学部とあわせると5年間で修了することが可能になります。

メリット

  • 修士の学位が最短5年で取得できます。
  • スペシャリストとしてさらに高度な、上級デジタル・アーキビストの資格が取得できます。
  • 図書館司書、博物館学芸員などの資格単位もゆとりをもって取得できます。
  • 時間に余裕があるので他コースの資格・講座にも参加できます。
  • 高等学校教諭一種免許状(情報)、デジタル・アーキビストの学部卒業で認定される資格も取得できます。

 

大学院 文化創造学研究科文化創造分野では、週1日の指定日に交通の便に優れた明徳町キャンパス(岐阜駅からバス5分)にて講義を行います。オンデマンドシステム(WEB利用)を利用して、できる時間に自宅で受講することもできます。 実習などの対面講義は土日、夏休みなどに集中的に行います。