オープンキャンパス

6/18 オープンキャンパスのご案内

6月18日のオープンキャンパスでは、アーカイブ専修が体験授業を担当します。

司書講座「本の魅力発見!知的書評合戦ビブリオバトルに参加しよう」

知的書評合戦ビブリオバトルとは、本の魅力を紹介しその優劣を競うコミュニケーションバトルです。
5分間の本の紹介の後、2分間のディスカッションを経て、どの本が一番読みたいかで投票を行いチャンプ本を決めます。
体験授業では本のプレゼンをアーカイブ専修の学生が行い、教室にいる全員でディスカッションします。
最後に高校生の皆さんに投票していただきます。チャンプ本を皆さんで選びましょう!

図書館司書はいろんな本を知っている必要があり、本の内容を分かりやすく伝える能力も必要です。
限られた時間内に伝えたい内容をまとめることも、興味を持ってもらうようにプレゼンの工夫ができることも大切です。
・・・そしてこれらは、就職のときや社会に出たときにも必須の能力です。
現在、アーカイブ専修の学生がプレゼン力を磨いているところです!
プレゼンやディスカッションを通して交流しつつ、本の魅力を見つけてみませんか?

ぜひご参加ください。

5/14 オープンキャンパスでミニイベントを開催します

5月14日(日)のオープンキャンパスでは、ミニイベントを開催します。

「3Dペンで星座を描こう」
専用のライトをあてると固まる3Dペンを用いて星座を描き、固まった星座でキーホルダーを作成するイベントを体験して頂きます。

博物館や科学館などでは、文化や科学への関心を持ってもらう目的で、様々なイベントを行っています。
図書館でも本を勧める目的で、体験型のイベントを行うこともあります。
そのため博物館学芸員や図書館司書にはこのようなイベントを企画、実施できる能力が、
またいろんなアイテムを扱う能力が必要となります。

学芸員や司書を目指している方、ミニイベントを体験してみませんか?
アーカイブ専修の4年生が企画、準備を行い、当日も学生が中心となってイベントを運営しますので、
学生や大学の様子が感じ取れると思います。
担当の4年生は現在、3Dペンの使い方のコツを伝えられるように、奮闘中です!

20170428.jpeg

ぜひお越しください。

8/21 オープンキャンパスのご報告

8月21日(日)のオープンキャンパスにご参加いただき、ありがとうございました。

ミニイベント「昔話読みくらべ」では、女子大生が訛り満載で方言を使って話している姿・・・見ていて楽しかったですね。
あんなにも言葉が変わるのにも驚きました。でも標準語よりも昔!!という感じが伝わりました。

20160821-1.jpeg

体験授業「国際観光事情~今話題の観光地を探る~」は、クイズ形式で参加型の授業でした。
皆さんは何問正解しましたか?
いろんな観光地が出てきて、勉強にもなりました。

20160821-3.jpeg

次回のオープンキャンパスは9月25日(日)です。
またお会いできる日を楽しみにしています。

8/21 オープンキャンパスのご案内

8月21日(日)のオープンキャンパスは、アーカイブ専修のミニイベント・体験授業はありません・・・。

が、しかし!!「アーカイブ専修のはないからいいやー」と思っている方、そんなことはないんです!

本学には「副専門」制度があります。
アーカイブ専修を主専門に、さらにもう一つ他専修の勉強ができてしまうのです。
もう一つを何にするかを決めるのは2年生の時ですが、入学前から知っておくと、1年生の授業で何を選択したらいいのかな?が明確になります。

ミニイベントは「昔話読みくらべ」で、昔話を方言で読む・聞くを体験します。
書道・国語専修の内容ですが、学芸員や司書にも「昔話」や「方言」を扱う機会・・・ありますね!

体験授業「国際観光事情~今話題の観光地を探る~」は、観光専修の内容です。
特に司書にとって、図書館は地域資料の収集などを担うため、様々な情報収集方法を知っておくのも大事ですが、
卒業生の中には「観光おもしろい!」と、デジタルアーキビスト+旅行業務取扱管理者→旅行会社に就職した先輩もいます。
コンピュータに強い、Webページが作れる などの利点も生かした就職です。
「そういえば、私って旅行が好きだった・・・」と思い出した方、ぜひ参加してください。

8/7 オープンキャンパスのご案内

8/7(日)のオープンキャンパスは、アーカイブ専修のスペシャルデーです!

アーカイブ専修に興味がある方、デジタルアーキビスト、図書館司書、博物館学芸員を目指している方、ぜひご参加ください!!!


9:00~11:00 ミニイベント:iPadで動画を撮影して編集してみよう

11:00~12:30 体験授業:図書館のしごと

13:30~14:30 司書+講座 デジタルアーカイブ最前線~デジタルアーキビストへの期待~


ミニイベント:iPadで動画を撮影して編集してみよう

iPadを使ってオープンキャンパスや大学の風景を撮影し、そのままiPadで編集します。動画をつなぎあわせたり、文字を入れたり、オリジナル動画の編集が体験できます。

iPadを触ったことないよ・・・という方、パソコン自体苦手だけど・・・という方も大丈夫!
簡単にかっこいい動画が作れますよ。また分からないところは、アーカイブ専修の4年生が丁寧にやさしく教えてくれます。

本学ではiPadを授業に組み込んでおり、もちろんiPadで撮影したり編集したり・・・も勉強します。
大学の授業の体験でもありますので、挑戦してみてください!

20150720-02.JPG


体験授業:図書館のしごと

体験授業では、図書館とは何か、図書館の役割、図書館で働く職員である図書館司書と司書教諭など、図書館全般について学びます。
そして岐阜女子大学で図書館司書の資格をとるとはどのようなことなのか、についてお話しします。

授業の後半ではオリジナルブックカバーを作成します。
ブックカバーの和名は知っていますか?役割は本の保護だけではないんです。本の傷みやすいところはどこか・・・。
などなど、ブックカバーや司書の目線について学びながら体験します。

また授業のはじめに、すでに内定をゲットしているアーカイブ専修の4年生に、
大学で学んだこと、身に付いたこと、成長できたこと、就職はどうだった など、みなさんが気になることを話して頂きます!

20160801-1.jpg


司書+講座:デジタルアーカイブ最前線~デジタルアーキビストへの期待~

TRC(株式会社図書館流通センター)は、図書館総合支援企業として、物流から受託運営までトータルで図書館サービスを提案する会社です。そしてTRC-ADEAC株式会社は、全国の公共図書館や博物館の依頼を受けて、地図や古文書など歴史的な地域資料のデジタルアーカイブ化の開発支援や、デジタルアーカイブシステム「ADEAC」を通じた提供を行っています。

TRC-ADEAC株式会社の代表取締役社長である田山健二氏をお迎えし、これからの図書館司書には欠かせない、図書館におけるデジタルアーカイブの現状や最新情報などを学びます。

参加申し込み方法はこちらをご覧ください。 図書館司書講座


アーカイブ専修はどんな感じなのかな?
どんなことを勉強するのかな?
将来どんな姿になるのかな?           ・・・・・・・その答えが見える1日となっています。

みなさまの参加をお待ちしております!