新着情報

デジタルアーキビスト講座を開催します。

デジタルアーキビスト講座として、講演会を下記の日程で開催します。

日時:2017年7月17日(月・祝) 13:30~14:30
内容:講演会「世界のデジタルアーカイブ」
講師:時実象一(東京大学大学院 情報学環 高等客員研究員、学術情報XML推進協議会 (XSPA) 会長)
内容:
過去の文化遺産をデジタル化し、世界に発信するのがデジタルアーカイブです。その対象は、絵画など美術品、書籍、新聞記事、映画・ビデオ、さらには 演劇や踊りなどの実演など広い範囲にわたります。たずさわる人たちも博物館・美術館だけでなく、図書館や地域のコミュニティーやボランティアまでさまざまです。世界のデジタルアーカイブについて語ります。

詳しくはこちらをご覧ください。

申込フォームはこちらです。


4月に首相官邸ホームページから、「我が国におけるデジタルアーカイブ推進の方向性」(内閣府知的財産戦略推進事務局)が公開されました。
デジタルアーカイブは、図書館・博物館をはじめ、企業や観光、自治体など、様々なところで活用されること、
そのための人材の確保と育成が必要であることが示されました。

岐阜女子大学は、東京大学などと「デジタルアーカイブ学会」を創設しました。
学会では、デジタルアーカイブ能力を持つ人材(専門職「デジタルアーキビスト」)の育成を担当しています。

デジタルアーキビストは、これからの情報社会で活躍できる資格です。
ぜひご参加ください。