カリキュラム

文化の理解 伝統文化教育 文化人類学 文化財学
世界遺産論    
情報の基礎 ネットワークと情報表現 情報処理 アルゴリズム
情報と社会 情報処理実習 プログラミング実習
情報管理(含実習) マルチメディア 文化情報メディアⅠ・Ⅱ・Ⅲ
デジタルアーキビストコース デジタルアーカイブ入門 計画と資料の収集 デジタルアーカイブ活用と評価
デジタルアーカイブ文化論 デジタル資料の選定評価 デジタルアーカイブメディア論
保存とメタデータ 海外デジタルアーカイブ研修 デジタルアーカイブ実践
図書館司書コース 図書館概論 図書・図書館史 情報サービス演習Ⅰ・Ⅱ
図書館サービス概論 図書館情報技術論 児童サービス論
情報サービス論 図書館制度・経営論 図書館施設論
図書館情報資源論 情報資料組織論 情報資料組織演習Ⅰ・Ⅱ
博物館学芸員コース 博物館概論 博物館展示論 博物館実習
博物館経営論 博物館教育論 公文書整理保存学
博物館資料論 博物館情報・メディア論 古文書読解演習
博物館資料保存論 生涯学習概論  
教材クリエイターコース
(平成28年度入学生まで)

教材リサーチⅠ・Ⅱ 教育方法論 教材開発研究
電子テキスト 学習評価 情報科教育法Ⅰ・Ⅱ
教育の方法・技術 教材開発実践  

伝統文化教育

この授業では、新しい学習指導要領に盛り込まれた伝統・文化の教育について理解を深めるために、伝統・文化とは何かを学び、自分の身近な地域の伝統と文化を事例として、デジタルアーカイブ化する方法および教材として活用する方法を考察します。

伝統・文化について学びます。

伝統・文化とは何かを知るために、その理論、伝承の意義などを学ぶところから始まります。また、伝統・文化として、先人たちが築き上げ、伝えてきたさまざまな事柄、歴史的背景を知り、その重要性を各々で理解していきます。

dentou1.jpg

iPadやスマホを使って学修

身近な伝統・文化を様々な方法で教材化します

学生たちが大切にしたいと考える伝統・文化はさまざま。お寿司や懐石料理といった食べ物から、地域のお祭り、仏像、着物など、自分が大切にしたい伝統・文化について、プレゼン形式、ポスター形式、電子書籍形式など、様々な方法でデジタルアーカイブ化、教材化を行います。

dentou2.jpg  dentou3.jpg

文化財学

この授業では、日本の文化財について文化財保護法ができるまでの社会の様子、文化財に対する考え方を振りかえり、日本の歴史、文化から生み出されてきた文化財について知識を深め、文化財の保護と活用について考えていきます。

日本の文化財・文化遺産について知識を深めます

国内に存在する有形・無形の文化財、史跡や天然記念物等について調べ、その概要をみていきます。

bunkazai1.jpg bunkazai2.jpg

映像を見ながら各地の文化財について学んでいきます。

文化財保護法について学ぶ

文化財とは何か、文化財保護法により区分されている文化財の種類や保護政策について理解していきます。

情報処理実習

1、2年次で実施した情報処理演習を基に、情報の収集、整理、発信についてさらに、深く学ぶ。さまざまなアプリケーションを利用しながら、実社会で行われている情報処理を実習として行なう。さらに、基本的なアプリケーションの操作ができることが前提である。

jjitu1.jpg

毎回課題を出題し、担当者は専門書やインターネットなどから情報を収集し、プレゼンテーションソフトを用いて整理し、授業内で発表を行います。学生自ら調べる中で、課題の内容がわかりやすくまとめられている参考資料についても他の学生に示します。
一連の実習を通して、情報収集、情報処理、情報発信の一環を学びます。

jjitu2.jpg

ITパスポート試験は現代の社会人に欠かせない情報処理能力を証明することができる国家資格であり、多くの企業で、社員教育や研修、資格取得奨励制度などに活用されています。
本講義では、情報処理の幅広い知識の理解度を学生自らが確認するため、試験の過去問に取り組む時間を設けています。資格取得をめざします。

マルチメディア

静止画に関する基礎知識を理解することを目的とし、デジタルアーカイブのための静止画撮影技術を身につけます。デジタルカメラの構造や機能を理解し、自在に扱えるように実習を行います。

maruti1.jpg 一眼レフカメラ操作を中心に、シーンに合わせた静止画の撮影や画像加工を行いました。グループ活動が主となりますが、メンバー同士互いに助け合い、コメントを出し合ってより良い撮影技術習得を目指し活動します。

maruti2.jpg

回転台を利用した360°撮影など、デジタルアーカイブに必要となる基本的な撮影を体験します。一眼レフカメラ以外にもスマートフォンなどで利用できるカメラアプリも利用しながら、撮影の仕組みを理解しました。

文化情報メディアⅠ

動画に関する基礎知識を理解することを目的とし、 デジタルアーカイブのための動画撮影技術を身につけます。動画の種類や用途、ビデオカメラの仕組み、PCでの編集方法を学び、動画作品を制作するまでの一連の作業(計画、撮影、編集)を実習で行います。

bunjou11.jpg bunjou12.jpg

動画に関する基礎知識のほか、デジタルアーカイブに必要な動画撮影手法及び計画策定について演習を通じて身につけます。

bunjou13.jpg

個人製作のほか、グループに分かれ役割分担をしながら作品制作を行います。絵コンテを始め事前のシナリオや素材準備を学生主導で実施します。視聴する第三者に伝わりやすくするにはどうしたらいいか構成も検討します。

デジタルアーカイブ入門

デジタルアーカイブの入門科目として、デジタルアーカイブの歴史や現状、デジタルアーカイブ制作の全体的な流れを理解し、デジタルアーカイブの全体像を学びます。

デジタルアーカイブって何?制作するとどんないい事があるの?

世界中に沢山のデジタルアーカイブが存在します。それらを見て具体的にイメージしてみましょう。

デジタルアーキビストに求められる能力は?

デジタルアーキビスト認定機構のテキストによると、「文化の理解」、「デジタル化の技術」、「法と倫理」の3つに対応できる能力となっています。
さて、具体的にはどんな能力なのでしょう・・・

いろいろな撮影方法

デジタルアーカイブを制作する段階に、実物を撮影する事があります。撮影の方法もいろいろあります。少し体験してみましょう。

danyumonn1.jpg danyumonn2.jpg

デジタル資料の選定評価

資料の収集・保管・利用にあたって、これまで主として保管・流通利用の目的や慣習・権利(著作権、個人情報保護(プライバシー)、所有権等)、利益などの観点での選定でした。しかし、デジタルアーカイブ化の資料対象の多様化により選定条件の配慮が必要となってきました。
ここでは、デジタルアーカイブをする上での選定評価について事例を上げて具体的に学びます。

通信ネットワークの仕組みと、資料の評価について学びます。

ネットワークの構築に当たって検討すべきトポロジ,伝達媒体について,情報ネットワークシステムを実際に利用し学修します。
また、資料の収集での条件や調査・保管・公開に関する基本的な考え方について考え、選定評価ガイドラインを作成します。

sentei1.jpg
地域の文化資料を記録してデータベースを作成します。

学生の皆さんの地元の地域の文化資料の記録をとって、メタ情報を調査しながら記入し、それを元にデータベースを作成します。

sentei2.jpg

デジタルアーカイブ実践

デジタル・アーキビストには、デジタル・アーカイブを開発し、管理し、活用を支援する能力が求められる。本授業では、デジタルアーカイブ開発の各ステージ(現物・計画・記録・管理・提示・利用)に存在する各課題に取り組み、デジタル・アーカイブ開発の全体像を実践的に学習する。

dajisen1.jpg 折り紙を対象としたデジタルアーカイブの提示例。折り紙の歴史、50別検索、難易度別検索機能等を備えた提示となっている。子どもや高齢者、外国人向けの教材としても利用できる。

dajisen2.jpg

電子ブックの提示例。iBooks Authorを用いて編集した電子ブックで、iPadで閲覧できる。地域の伝統文化をテーマとしてアーカイブ化したものや、書写、理科、英語、図工、家庭科等の教材として活用できるものなど様々。

博物館展示論

博物館は資料の収集・研究、展示、教育が主たる活動です。収集された歴史資料、美術作品、標本が研究され、その成果が教育的配慮のもとに展示されることを学びます。
また、実際に活動している博物館において、どのように資料取り扱って展示業務を行っているかを理解し、あわせて、本学の特色であるデジタルアーカイブ基盤としたICT展示解説システムやデジタルミュージアムを通じて、博物館の今日的なあり方やその未来を考えます。

実践的な展示素材として、大学周辺の自然遊歩道を取材します。

学内実習では、ICTを活用した展示を実践的に学ぶため、大日不動遊歩道に取材に行き、植物や岩石の撮影・記録を行いました。
hakujitu1.jpg hakujitu2.jpg
    ヤマツツジの撮影            展望台での集合写真

取材したデジタル素材を活用して、展示コンテンツ開発します。

遊歩道で取材したデジタル素材をベースに、デジタルミュージアムの展示コンテンツを企画開発し、本学ならではのデジタルアーカイブを基盤とした、実践的博物館展示論を学びます。

hakujitu3.jpg hakujitu4.jpg

コミュニケーションを取りながらデジタルミュージアムコンテンツ作成します。

博物館実習

この授業は、博物館の専門職員である「学芸員」資格(国家資格)の必修科目(必ず学ばなければならない科目)です。博物館に関する3分野の実習(①学内実習、②見学実習、③館園実習)を3年後期から4年前期・後期にかけて行い、必要な知識・技能を修得します。

学内実習では、大学所蔵資料(本物!)を使って実践的に学びます。

実習では、大学所蔵「木田教育資料」(元文部事務次官木田宏先生の貴重な教育資料)を用いて、実際の資料の取り扱いや整理・保存、展示方法などを学びます。

見学実習では、さまざまな博物館を実際に見て、学びます。

hakubutu1.jpg   hakubutu2.jpg
大学所蔵「木田教育資料」の整理     第一次整理無事終了

見学実習では、博物館施設に行き、そこで働く学芸員の方のお話しを聞いたり、普段は入ることができない博物館の職員専用エリアを見学させていただいたりします。

館園実習では、博物館施設で学芸員の卵として実習します。

博物館資料論

こ博物館では多種多様な資料を収集し、保存し、研究を行っています。この授業では、博物館資料の種類やその特質、収集・整理方法、研究活動について学びます。

博物館に収蔵されている資料について知識を深める

自然系、人文系など博物館によって取り扱う種類は様々です。その資料を展示・保存するためには、資料の性質を知り、それに合った方法で取り扱い、保存していく必要があります。資料を劣化させる原因やその対策についても学んでいきます。

歴史資料や美術資料の取り扱いを学びます

siryou1.jpg  siryou2.jpg
実際に、古文書や掛け軸、巻子などを用いて取り扱い方法を身につけていきます。

教材リサーチⅠ・Ⅱ

学習教材を選定・開発するに当たっては、学習教材の活用により児童生徒が自ら考えることができるようにするなどの教育効果を高めるため、身近な事柄を取り上げ、児童生徒の興味・関心等を生かすなどの創意工夫を行います。
なお、学習教材の選定・開発に際しては、児童生徒の発達段階を十分考慮すると共に、その内容を公正な観点から吟味します。
さらに、例えば身近な事柄を取り上げる場合など教材の内容によっては、プライバシーの保護等にも十分配慮することを理解します。

授業において創意工夫をしてみよう

学習教材を選定・開発するに当たっては、学習教材の活用により児童生徒が自ら考えることができるようにするなどの教育効果を高めるため、身近な事柄を取り上げ、児童生徒の興味・関心等を生かすなどの創意工夫を発表し合います。

kyouzai.jpg
理論と実践を往還する学びを体験します。

インストラクショナルデザインという理論に基づき、実際に授業の設計を行ってみます。
また、教材リサーチⅡでは、設計した授業を実践してみます。

電子テキスト

携帯情報端末の登場で、教科書の電子化や教材の電子化が進んできています。また、図書館では電子書籍や電子ジャーナルの取り扱いが浸透してきています。この授業では、携帯情報端末の有効な活用方法、電子テキストや電子書籍の利用の現状、制作方法、今後どうなっていくのかについて考察します。

dtext2.jpg
電子書籍をiPadでつくってみよう。

電子書籍といっても、どんなタイプのものができるのか。できるだけ簡単に電子書籍は作るにはどうしたらいいのか。そんな事を考えながら、iPadで電子書籍を作成してもらい、お互いの作品を見て、意見を交換します。

dtext1.jpg

電子書籍の未来はどうなるのか

教育業界、図書館、出版業界、IT技術などからみた電子書籍への取り組みの流れと現状を調査し、あえてiPadを利用してまとめます。解った事をお互いに教え合ってみました。iPadを利用すると、資料の見せ合いやデータの交換の幅が広がり、学び方が従来とは少し変わってきていることに気がつきました。
情報端末の有効な活用方法、電子テキストや電子書籍の利用は、今後どうなっていくとよいか自分なりに予測してみます。