学生日記

明治村へ行ってきました!

こんにちは!

1年生は、愛知県犬山市にある明治村へ、学外研修に出かけました。

明治村には日本の近代建築の基盤となる建物が多く残され、重要文化財に指定されているものがたくさんあります。授業の中で出てくる建物を実際に自分の目で見ることができました。

午前中は学芸員の方の説明を聞きながら聖ヨハネ教会や東松家住宅の建物内部を見学し、午後からは各々興味のある建物を見て回りました。

20170713.JPG

20170713-1.jpg

20170713-2.jpg

聖ヨハネ教会は、もともとは京都市の河原町にあった礼拝堂です。中世ヨーロッパの様式を基調としており、細部の装飾にはゴシックのデザインが組み込まれています。1階はレンガ造りで2階は木造でできており、屋根には軽い銅板を使い、地震が多い日本の地域の特性が考慮されていました。建物の随所にゴシック建築の特徴の尖頭アーチのデザインが見られました。

20170713-5.jpg

20170713-4.jpg

東松家住宅は、もともと名古屋市の中心部の堀川沿いにあった商家です。明治20年代の後半までは油屋、その後は銀行として使われていました。その為、雨戸が鉄製になっていたり、階段に隠し収納があったりと、面白い防犯対策の設計がされていました。当時としては珍しい、木造3階建てでありながら、スキップフロアや吹き抜けがあり、どの部屋でも採光を取り入れることができる間取りなど、現代に通じる工夫が多くあり驚きました。

20170713-6.jpg 20170713-7.jpg
帝国ホテルはフランク・ロイド・ライトが設計したことで有名の建物です。もともとは、東京都にあり、日本の迎賓館としての役割を担うために作られました。建物はレンガと幾何学模様に彫刻された大谷石で装飾されています。関東大震災では周りの建物の多くが倒壊や大きな損傷を受ける中、この帝国ホテルはわずかな損傷だけであったため「大震災に耐えたホテル」として一躍世界に広まりました。

このように普段、授業で習っていることを実際に自分の目で見て確かめ、体感して、新たな発見ができたことはとても楽しかったです。

住居学専攻で行く夏の研修旅行も楽しみです☆

長野県根羽村に行ってきました!

私たち2年生は、5/27〜28の2日間で長野県根羽村へ研修に行ってきました。

村の活性化を目的としたプロジェクトが進められています。

村の総面積のうち、92%が森林である根羽村の杉を使って、セルフビルドができる物置の開発です。

セルフビルドの物置のデザイン案を考えるために、実際に目で見て体験しました。

20170529-1.JPG

20170529-2.JPG

特別プロジェクト実習でも、ものづくりをしますが、大工さんやいろんな職人さんの手を借りています。なので私たちにとって、はじめてのセルフビルドで、うまくできるか不安でしたが、女性でも簡単に組み立てられるようになっていました。

青空の下、みんなで協力しながら1時間程度で組み立てることができました。

今後、この物置のデザインを磨き上げ、また、物置以外の用途でも活用できないかなどを考えていきます。
普段の授業で習っていることが、今回の研修を通じて結びつき、理解を深めることができました。この経験を踏まえ、さらに勉強に励んでいきます。

20170529-3.JPG

セメントの強度試験を行いました!

皆さん、こんにちは!


住居学専攻では3年生になると、建築材料実験という授業があります。

建築で用いる材料の強度、変形などの性質を実験をしながら理解を深めていきます。

今回は「セメントの強度試験」を行いました。

型枠の中にグリース塗って、その中にセメント・砂・水を混ぜて練ったものをいれ、供試体を作りました。

その供試体を1週間、2週間、4週間乾燥させたものの強度試験を行います。

20170526-1.JPG

試験機を使い、曲げ強度と圧縮強度を調べました。
どういう風に割れるのか興味津々に見ています→

圧縮試験では荷重をかけてもセメントの割れた瞬間を目で確認することができませんでしたが、機械の針の動きで確認することができました。

20170526-3.JPG

初めて触る機械だったので、操作が難しく失敗してしまうこともありました。

実験の回数を重ねるごとに失敗もなくなり、1週、2週と比較すると4週間乾燥させたものは強度が強くなっていることがわかりました。
次回の材料実験は、「コンクリートの調合試験」です。

自分たちで調合したコンクリートでどのような結果が出るのか楽しみです。

20170526-2.JPG

大洞団地の現地調査に行きました!

皆さん、こんにちは!
住居学専攻では3年生になると、建築スペースデザインコース、インテリア・プロダクトデザインコースに分かれ、より専門的な実習や演習が行われます。
その中で、今回は「建築スペースデザインコース」の授業科目、設計論・製図Ⅳで行われた現地調査の様子をお知らせします。

設計論・製図Ⅳの授業では、市営大洞団地を題材として、集合住宅団地全体の計画を行います。まずは、現状を理解するために、現地調査に行ってきました。

主な調査内容としては、どんな方が住んでいるか、また敷地全体の傾斜、外周道路の高低差、住棟と駐車場の関係、緑地の状況、風通し、日当たりなどについて調査しました。

20170501-2.JPG
20170501-1.JPG

調査をしてみると、大洞団地に住んでいる人たちは高齢者の方が多いにも関わらず、道路と敷地の高低差が激しく、段差もあり高齢者に優しい環境ではありませんでした。


この調査をふまえ、コンセプト、基本方針、住棟規模等の検討をし、全体計画の立案を行い、住みやすい集合住宅を計画します。

新入生歓迎会を行いました!

皆さん、こんにちは。


4月20日に住居学専攻で、新入生歓迎会を行いました!

2年生の主催で始まった新入生歓迎会では、特別プロジェクト実習の作業班を基準に、1年生から3年生の縦割りグループをつくり、まずは皆でランチ会。

20170426.jpg

20170426-1.JPG

最初はちょっと緊張(?)をしていた1年生も、地元高校や部活の話、特技や趣味の話題で徐々にリラックス。

お腹が満たされた後は、チーム対抗でビンゴゲームやテレパシーゲームを行いました。
お題に対して、チーム内で同じ答えが多い方が勝ちのテレパシーゲームでは、お題を間違えるというハプニングもありましたが、みんなで盛り上がりました\(^o^)/

ゲームで一気に団結力ができ、最後は皆で記念撮影。


特別プロジェクト実習で建設中の災害時浴室棟も、完成が見えてきました!

みんなで協力して、頑張っていきましょう(^_-)-☆。

20170426-2.JPG