学生日記

ようこそ、岐阜女子大学へ!ようこそ、いずみ寮へ!

4/4に入学式が行われ、新入生を迎えました。

いよいよ新年度の始まりです。

新年度に向けて春休みの間に、いずみ寮のトイレ、お風呂などの水廻りのリフォーム工事が行われました。私たち住居学専攻がその内装材の仕様の提案を行いました。

20180406.JPG

工事前は、老朽化が進み、薄暗いイメージでしたので、明るく、清潔感を大切にしつつ、寮なので落ち着ける空間にしたいと思い、明るい色をチョイスしながらも木目調の部分を多く取り入れ提案しました。

お風呂のbefore

20180406-1.JPG

after

20180406-2.JPG

トイレのbefore

20180406-5.JPG

after

20180406-6.JPG

ランドリースペースのbefore

20180406-3.JPG

after

20180406-4.JPG

タイルの組み合わせなどとても悩みましたが、現物のサンプルを見ながら検討して、可愛く、清潔感のある感じに仕上がりました!寮生のみなさんに気に入ってもらえると嬉しいです。新入生の皆さんも、楽しい寮生活を一緒にすごしましょうね!

山県市四国山香りの森公園 ハーブレンド見学!

サクラが満開になり、お花見の時期になりましたね!大学構内の桜も見ごろを迎えています!

去年にリノベーション提案を行った、山県市の四国山香りの森公園内のティーハウス、ハーブレンドが工事が終了したとのことで見学に行ってきました。

予算の関係もありますので、私たちの提案がすべて採用されたわけではありませんが色々なところで取り入れていただきました。

20180328-1.jpg

以前は入ってすぐに厨房などが丸見えで、雑然としていましたが、提案の通り、壁ができ、スッキリした印象になりました。

バックヤード的なものも客席から見えていたのが、壁やレジカウンターが新設され、以前より無駄がなく、広々とした印象になりました。

特にお土産コーナーを含めた、レジ廻りは提案を採用してくださったようで、私たちも嬉しかったです。

自分たちで現地調査をし、問題点を出し、改善案を考え、提案したことが実際に形になることがこんなに嬉しいことであり、やりがいを感じました。

とても貴重な経験ができ、良かったです。今後の就職活動を始める上でも活かしていきたいと思います。

before↓

20180328-2.JPG

after↓

20180328-3.JPG

提案したレジ廻り

20180328-4.png

提案したイメージパース

20180328-5.jpg

また、昨年度先輩たちが観光拠点リノベーション提案を行った、ニューいじら湖荘がリニューアルオープンしたのでちらっと寄ってきました。

とてもおしゃれな飲食スペースができ、外のトイレもとてもきれいにリノベーションがされていました!

美味しそうな食事もたくさんあったので、また行きたいです。

みなさんも、ぜひ四国山香りの森公園と伊自良湖に足を運んでみてください!!

20180328-6.JPG

山県市空家等改修提案!!

みなさんこんにちは。

秋ごろから「山県市空き家リノベーション提案」のプロジェクトに、3年生が取り組んできました。

先日、山県市の林市長をはじめ、山県市役所の方や山県市への移住・定住促進を支援している市民団体の方に向けて、空き家物件のリノベーション案のプレゼンテーションを行いました。

また、今回は文化創造学専攻が、その空き家情報を山県市の空き家バンクのポータルサイトへの掲載を想定し、ウェブサイトのリニューアルデザイン案のプレゼンテーションも併せて行いました。

20180324-1.JPG

私たち住居学専攻は、実際に現地調査をし、現状の図面を作成するところから始めました。

物件ごとに子育て世代、定年後の夫婦世代など、対象世代を設定し、リノベーションデザイン案の作成をしました。平面図だけでなく、室内のイメージを伝えるためにイメージパースも作製しました。

実際に存在する物件をを限られた条件の中で、工夫を凝らし、リノベーション案を作っていくということは、難しかったけれどとても良い経験になりました。

また、学外の方々へのプレゼンテーションはとても緊張しましたが、良い機会となりました。今後の就職活動にも活かしていきたいと思います。

20180324-2.jpg

H29年度 学位記授与式

梅の花も咲き始めた、先日3月14日に学位記授与式が行われ、住居学専攻の4年生も巣立っていきました。

長いようであっという間の4年間。色々な思いがこみ上げてきます。

4年間学んだことを糧に、身体に気をつけて、是非頑張ってくださいね。

たまには大学にも遊びに来てください。

いつでも歓迎します。

頑張れ!新社会人!!

IMG_5024.JPG

IMG_5053.JPG

鉄とタイルの製作工場見学!!

皆さん、こんにちは。

春休み期間ではありますが、建築材料を学ぶ一環として、鉄を扱う「㈱杉山製作所」とタイルの製造をされている「杉浦製陶㈱」へ伺い、普段見ることのできない製造過程などを見学させていただきました。

最後には、多治見市の「モザイクタイルミュージアム」にも行き、とても楽しく、刺激的な見学会となりました。

IMG_4812.JPG

(株)杉山製作所では2班に分かれて、スライドで概略説明、工場見学、鉄でS字フックの制作体験をさせていただきました。

鉄を扱う工場と聞いてイメージするような、重厚感はなく、とてもモダンでおしゃれな感じでした。今回は鉄を使った家具などを中心に製作過程を見せていただきました。無垢鉄を使い、切断・曲げ加工・溶接などの色々な工程を職人さんの手で行っていました。

最後には治具を使い、鉄でS字フックの制作をさせていただきました。力の入れる加減が難しかったです。

鉄も自然素材の一つであると聞いて、鉄に対する冷たくて、重々しい印象から、温かみがあり、職人さんが一つ一つ製作していて、優しい印象へ変わりました。そして、そんな鉄からとてもおしゃれな家具や色々な製品が生まれていて、欠かせない素材の一つだと感じました。

IMG_4770.JPGIMG_4788.JPG

次に多治見市の笠原町にある杉浦製陶(株)へ伺いました。笠原町は日本でも有数のタイルの一大生産地であり、あたり一帯はタイルの製造工場がたくさんありました。

会社概要、生産工程の流れの説明をしていただき、その後4グループに分かれて、工場見学を行いました。杉浦製陶の特徴はすべて自社製造が可能であり、その為敷地も広く、多くの建物がありました。粒状の原料をプレス成型、施釉、焼成、検査、出荷の一連の流れは多くが自動化されていました。

色々なデザイン・色のタイルがあり、女子はこうゆうのが大好きなので、サンプルを見ながら盛り上がっていました。

IMG_4806.JPGIMG_4801.JPG

最後にその笠原町に2016年にできたモザイクタイルミュージアムにいきました。

建築家 藤森照信氏による設計で、建物の外観はタイルの原料となる粘土の採土場をイメージしてデザインされていて、とてもおもしろい設計になっていました。

館内ではモザイクタイルの歴史、笠原町との結びつきなど詳しい説明を受け、楽しみながら知識を増やすことができました。

モザイクタイルを使って、フォトフレームなどの小物の制作体験もとても楽しかったです。

お忙しい中、見学をさせていただいた(株)杉山製作所の皆様、杉浦製陶(株)の皆様、本当に有意義な時間をありがとうございました。今回得た知識を今後の勉学や就職活動をする際に活かしていきたいです。

IMG_4832.JPGIMG_4815.JPG