大学院からのお知らせ

教育資料研究会で院生が論文発表をおこないました

教育資料研究会で本学の院生7名(通学制・通信制)が論文発表を行いました。

「第21回 教育資料研究会」
~新たな学びに関する研究~

日時 平成29年6月24日(土) 9:30~12:00
主催 日本教育情報学会
会場 岐阜女子大学 文化情報研究センター(岐阜県岐阜市明徳町) 
   岐阜女子大学 沖縄サテライト校   (沖縄県島尻郡与那原町)
        2会場をテレビ会議システムを活用して結び、開催しました。

【研究発表】
・現在の教育資料のデジタルアーカイブ化の課題
 ~過去の資料利用における沖縄の学習指導・学力向上の成果から~

・算数科「習熟度別少人数指導」の今後に向けた課題の考察
 ~主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善~

・デジタルアーカイブにおける知の増殖型サイクルの実証的研究
 ―鎌倉芳太郎資料並びにWonder沖縄における知の増殖型サイクルへの適用―

・学校図書館における資質・能力に関する実践的研究
 ~沖縄県の県立学校における研修プログラムの開発~

≪岐阜会場の様子≫

DSC09435.jpg DSC09434.jpg DSC09416.jpg

≪沖縄会場の様子≫

20170624oki (2).jpg 20170624oki (5).jpg 20170624oki (6).jpg

発表時間は一人10分と短かったのですが、要点をまとめて発表をしました。
質疑応答では厳しいご意見もありましたが、今後の研究の参考にしていただき
修士論文に取り組んでください。