新着情報

稲作研究会、間もなく新体制へ。

明けましておめでとうございます。

年末、冬期休暇に入る前、稲作研究会の全体会を行いました。
この1年間の振り返りを行い、自分たちが得たことを共有することができました。
1月末には現体制での最後の全体会があります。
現在の幹部の学生たち(3年生)は集大成として、次期幹部の学生たち(2年生)は新体制のスタートとして、大切な会となります。
そこに向けて、休暇明けから各学年での準備が佳境を迎えます。

2年生は、早くから「次は自分たちが引っ張っていく立場となる」という意識を持って活動していました。
3年生もそれを感じており、自分たちが伝えられることはしっかりと伝えておこうとしています。
このような先輩から後輩への伝達・伝承が、学生の大きな学びとなっていると感じます。
そして、1年生も上級生たちの姿に憧れを持ち、刺激を受けているようです。
身近な先輩に憧れ、刺激を受け成長できること。この環境を大切にしたいと思った年初めです。

今年はどのようなテーマを掲げて活動するのか。
支援し、見守っていきたいと思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。