健康栄養学科のアドミッションポリシー

人の一生の段階ごとの食習慣を確立することで、健康状態の維持と健康増進を導くことができる管理栄養士の養成を目指しています。さまざまな状況に応じた予防指導を行うためには、子どもから老人までのいろいろな「健康な体」と、「疾病状態」を熟知する必要があります。管理栄養士に必要な能力を基礎学力から実践力までの総合力として養成するために、「給食の管理」、「疾病時の栄養管理」、「栄養のケアマネジメント」の3分野を大きな柱としたコアカリキュラムを用意しています。コアカリキュラムに配置した講義、実験、実践型実習の学修により、科学的な能力を持って社会で活躍できる人材が育成されることを目標にしています。

このため、健康栄養学科では、次のような方が入学されることを希望します。

  • 健康と食べ物の関係への興味と科学的な探究心をもつ方
  • 食べ物を通して社会に貢献する仕事に関心のある方

高等学校での「生物」「化学」関係の科目や分野の学修は、本学の学修や社会での活動の基盤として必要とされる科学の考え方の基礎となります。それらの学修への興味・関心を高め、高等学校卒業までに基礎的な知識を身につけておいてください。

学科・専攻情報